伊藤美誠と石川佳純がワールドカップで準々決勝進出

日本のメダリスト、伊藤美誠と石川佳純は、土曜日にヒューストンで開催された世界卓球選手権で、それぞれの中国の対戦相手との女子シングルス準々決勝の試合に敗れた。

伊藤は準決勝で王ゲイ迪と対戦したが、東京オリンピックのシングルス銅メダリストは、12-10、7-11、11-2、11-7の敗戦で5試合のうち1試合に勝った。、11-ジョージR.ブラウンコンベンションセンターで9。

「今日は(トーナメントの)ベストシングルスの試合をした」と伊藤は語った。

石川は、今年の夏に東京で行われた女子個人卓球で中国のオリンピック金メダルを9回連続で獲得した陳夢に、11-9、11-6、11-8、11-6のストレートセットで敗れた。

「サーブを叩いて返すことで彼女にプレッシャーをかけることはできなかった」と石川は語った。

石川は平野美宇と組んで、ディフェンディングチャンピオンの王曼淵と孫穎莉と戦い、最終的に9-11、11-7、11-6、6-11、11-4で敗れた後、女子ダブルスからも排除されました。準々決勝。

他の日本の女子ダブルスチーム、伊藤と早田ひなは準決勝に進み、少なくとも1つの銅メダルを獲得しました。 伊藤と早田は、ブダペストで開催された2019年世界選手権の銀メダリストでした。

張本智和と早田も、混合ダブルス準決勝に到達した後、メダルを持ってヒューストンを離れます。 宇田幸矢と戸上隼介が男子ダブルス準決勝に進出。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。伊藤美誠と石川佳純がワールドカップで準々決勝進出

Source#伊藤美誠と石川佳純がワールドカップで準々決勝進出

Leave a Comment