今月、これまで以上に多くの企業が日本に上場する

日本の株式市場は全体的に気取らない年だったかもしれませんが、1つのセクターは真っ赤です:新しい価格。

ブルームバーグがまとめたデータによると、12月には日本で1か月以内にさらに多くの企業のリストが表示され、年末までに合計32社が上場すると予想されています。 これは、2005年12月に市場に出た31社を超えるでしょう。

年末までに見積もり依頼を提出する企業の急増が要因である一方で、2021年の数字は情報技術の新興企業の数の増加によっても推進されています。 パンデミックの間、ベンチャーもチャートを遅らせ、パンデミックが始まって以来、国内の新しいコロナウイルスの症例は現在、最低レベルに近づいています。 食品業界向けの包装メーカーである日本最大の証券会社とは関係のない乃村工藏は、12月に手続きを開始した。 木曜日のデビューで株価は20%近く下落した。

Lovable Marketing Group Inc.、Institution for a Global Society Corp.、ExaWizards Inc.、Co。などの企業への投資家は、いずれも年末までに公開の準備ができているため、パフォーマンスの向上が期待されます。 ほぼすべての企業が、新興企業や中小企業向けのマザーズ市場にデビューします。 その指数は、2020年のパンデミック時に上昇した後、2021年に14%低下しました。

2021年は全体として、日本で15年間で最も多くのリストを見るように設定されています。 しかし、岸田文雄首相は、日本のスタートアップシーンを支援が必要な分野として強調し、詳細はあいまいであるが、上場プロセスの再検討を求めている。

「新資本主義」に関する岸田のパネルはまた、日本にユニコーンが不足しているという問題を提起しました。民間企業は、米国やヨーロッパと比較して、10億ドル以上の価値があります。 彼はまた、Amazon.com。Inc。などの最近の巨人と比較して、ソニーグループやホンダモーターなどの第二次世界大戦後の数年間に形成された日本の最大の企業の平均年齢を指摘しました。

日本のスタートアップシーンでよくあるもう1つの不満は、企業が上場するのが早すぎる傾向があることです。 12月は記録的な月となりますが、今年上場企業または上場企業が調達した総額は5,480億円(48億ドル)です。 これは、ソフトバンクグループがモバイルユニットのソフトバンクをスピンオフしたことで膨らんだ2018年の3兆円とは程遠い。

岸田文雄はまた、株式公開価格の設定が低すぎて起業家の資金を奪っているという、特殊目的の買収企業の許可を求め、不満を述べている。 日本取引所グループはまた、市場セグメント改革の一環として、4月にマザーズおよびジャスダック市場を成長部門に置き換える予定です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。今月、これまで以上に多くの企業が日本に上場する

Source#今月これまで以上に多くの企業が日本に上場する

Leave a Comment