京都市は埋め立て地の焼却ごみの名前を変更して、人々に自分たちが何をしているのかを考えさせます

いつものように、京都では言葉の背後に別の意味があります。.

京都 人々の言葉の選択の背後にある第二の意味がある場所であるという評判があります。 多くの場合、その意味は、「あなたにはたくさんの友達がいます」または「あなたはとても素敵な時計を持っています」で見られるように、受信者の行動を特定の方向に微妙に微調整することを目的としています.

そして今京都府 亀岡市 住民が自分たちの行動を再考するようになることを望んでいます。 市は4月1日から、焼却するゴミを「燃やすゴミ」から「燃やすしかないゴミ」に変更する。

▼日本語の方が舌が転がりやすい もやすごみ (上)と もやすしかないごみ (下)

また、埋立する一般の不燃ごみは、現在「埋設ごみ」と呼ばれています。 (梅立ごみ) 「埋めるしかないゴミ」に改名されます。 (うめたてるしかないごみ)。

では、なぜ変化するのでしょうか? ロジックは、新しい名前のより重要な響きの目的が、人々に、燃やしたり埋めたりすることが正しいかどうか疑問に思うように促すということです. 本当 特定のゴミに対する唯一の選択肢は、当然のことながら、代わりにリサイクルできるかどうかを考えることを意味します。 また、4月1日には亀岡市のリサイクル条例が改正され、紙、植物、木、小さな金属などのカテゴリと収集日が新しくなり、市のごみの種類は合計で18種類になります.市の廃棄物処理課では、資源物の収集日に出すはずだったものを燃やすごみと一緒に捨てることがよくあります。 五月 燃やしたり埋立地に捨てたりしますが、リサイクルできないもの。

▼亀岡市は京都市中心部から約30分、人口85,000人ですが、このような美しい自然景観もあります。

焼却するごみの名称を変更したのは亀岡市が全国で初めてではありませんが、埋立ごみについても同様の取り組みが行われているという話は初めてです。 結果が良ければ、環境のためにセマンティクスを変更する日本の都市が増えるかもしれません。

出典:八間機工経由 京都新聞
トップ画像:ぱくたそ
画像の挿入: SoraNews24、Wikipedia/Adeletron 3030
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

京都市は埋め立て地の焼却ごみの名前を変更して、人々に自分たちが何をしているのかを考えさせます

Source#京都市は埋め立て地の焼却ごみの名前を変更して人々に自分たちが何をしているのかを考えさせます

Leave a Comment