九州の対戦で中途半端に引き分けた4人のファイターのうち、ホショーリュウ、タカヤス

ファイター4体付属 関脇 豊昇龍と一号 前頭 高安は、15 日間の九州大相撲の途中でリードを維持し、日曜日に勝利を収めました。

初の天皇杯を狙う、元モンゴル人の甥、豊昇龍(7勝1敗) 横綱 朝青龍は、新たな脅威を克服するための攻撃ツールの範囲を示しました。 コムスビ 福岡国際センターの飛猿(4-4)。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

九州の対戦で中途半端に引き分けた4人のファイターのうち、ホショーリュウ、タカヤス

Source#九州の対戦で中途半端に引き分けた4人のファイターのうちホショーリュウタカヤス

Leave a Comment