中国の空母からの航空機が沖縄本島近くの海域で100回以上の着陸と離陸を行った

日本の防衛長官は火曜日、中国の遼寧空母に搭載された戦闘機とヘリコプターが今月初めから日曜日まで南星諸島と台湾の近くの海域で100回以上の着陸と離陸を行ったと述べた。遠方。

岸信夫国防相は、沖縄県沖大東島の南西160キロから石垣島の南150キロまでの海域で作戦が行われたと語った。

この記事を表示できませんか?

ブラウザの広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアが原因である可能性があります。

追加してください
www.japantimes.co.jp / Buy-ap.piano.io
許可されたサイトに読み続けます。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。中国の空母からの航空機が沖縄本島近くの海域で100回以上の着陸と離陸を行った
Source#中国の空母からの航空機が沖縄本島近くの海域で100回以上の着陸と離陸を行った

Leave a Comment