中国と日本が交流イベントで恐竜、ドラえもんへの愛を分かち合う

北京の日本大使館で開催された最近の交流イベントでは、約 150 人の中国の子供、その両親、その他の人々が恐竜への愛を共有しました。

参加者が映画「のび太の恐竜 2006」を見た後、北京の中国地球科学大学の准教授である Xing Lida さん (39 歳) は、この漫画の印象が、発見された新種の恐竜の足跡の化石に名前を付けることにつながったと説明しました。重要なキャラクターの後に中国で。

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.中国と日本が交流イベントで恐竜、ドラえもんへの愛を分かち合う
Source#中国と日本が交流イベントで恐竜ドラえもんへの愛を分かち合う

Leave a Comment