世界初の英語翻訳付き日本小説のNFTは、翻訳者に有益な機会を提供することを望んでいます

この最初のNFT小説プロジェクトでは、日本のサイエンスフィクション作家である小野美幸(2020年に早川出版から出版)による人気小説「ピュア」が、OpenSeaNFT市場でリリースされるオリジナルNFT小説として再発行されます。

「ピュア」は、早川書房のデビュー以来、男性を使って妊娠しなければならない女性を追った、物議を醸すが魅力的なストーリーで人気を博している。 20万回以上のパブリックビューを獲得し、AppleBOOKの「2020年のベストSF小説」の1つに選ばれました。

さらに、2人の異なる翻訳者によって翻訳された2つの英語版のNFT小説がOpenSeaで同時にリリースされます。

この出版システムは、小説家の小野みゆきだけでなく、翻訳者のカラウ・アーモンとローレル・テイラーにも継続的に一次および二次市場での販売のために利益をもたらすことができます。

近年、日本の小説やリテラシーは世界的なトレンドになっていますが、海外で出版するための十分な翻訳作業がないのが現実です。 日本では毎年13,000以上の文学作品が出版されていますが、英語に翻訳されているのはほんの一部です。 これの主な理由は、現在の日本の文学出版システムが翻訳者にとって有益ではない方法で構成されていることです。

小野みゆきは、このNFTプロジェクトが翻訳者にとってより有益な機会を提供できることを期待して、現在の日本の識字翻訳の状況に具体的に取り組むこのNFTプロジェクトに声明を残しました。

小野みゆき

これが英語での声明の全文です。

このプロジェクトは、日本の小説や文学のさらなる成長に向けた一歩となる可能性があり、才能のある翻訳者が、編集者だけに頼るのではなく、NFTシステムを通じて日本文学に報酬を与えることで、日本文学に取り組むことを奨励します。

日本のブドウについてのより多くの物語を読んでください。

-首里城の再建中、バーチャル沖縄でバーチャルバージョンがリリース

-日本のアニメ製品エンポリアムがSPYxFAMILYのアニメ化を商品ラインで祝う

-珍しいショットは、日本のさまざまな季節が1か所で美しく会う様子を示しています

  • 外部リンク

  • https://grapee.jp/en/

©ブドウ日本

世界初の英語翻訳付き日本小説のNFTは、翻訳者に有益な機会を提供することを望んでいます

Source#世界初の英語翻訳付き日本小説のNFTは翻訳者に有益な機会を提供することを望んでいます

Leave a Comment