世界がクリーンエネルギーの未来を求めている中で脚光を浴びている核融合

世界の指導者たちが地球上の壊滅的な変化を防ぐために気候変動対策を加速することを約束するにつれて、核融合は現在の核分裂技術よりも安全であると考えられているゼロエミッションエネルギー源として勢いを増しています。

2011年の大地震と津波によって引き起こされた大規模な原子力事故に見舞われた日本では、次世代電源が反対に直面する可能性がありますが、専門家は、技術が実行可能である可能性があるため、国は新しい開発について最新の状態を保つ必要があると言います早くも2040年。

核融合エネルギーは、軽い原子核が融合して重い原子核を形成するときに生成されます。 結果として生じる原子核の質量は元の2つの原子核の質量よりも小さく、余分な質量はエネルギーに変換されます。

核融合プロセスは太陽エネルギーを与えるものです。

専門家によると、事故につながる制御されていないプロセスを回避するために制御を必要とする核分裂連鎖反応を伴う原子力発電とは異なり、燃料がなくなるかプラズマが不安定になると核融合反応は終了します。

核融合エネルギーを利用する段階に到達するために克服しなければならない多くの障害がまだあります。 しかし、京都大学アドバンスドエナジー研究所の小西聡教授は、レースはすでに始まっており、日本はこれからも続けるべきだと語った。

「一次エネルギー源の変化は、一般的に技術革新よりもはるかに遅い」と小西氏は最近のインタビューで述べ、人々が実際に彼のために掘削する能力を開発してから数十年後に石油の真の時代が到来したことを示す歴史を指摘した。

「私たちはすでに核融合発電技術の最前線で強みを獲得するための重要な戦いに取り組んでいます」と、核融合由来のエネルギーが2040年代から2050年に初めて電力網に貢献することを期待する小西氏は語った。

この合併は、気候変動に関する国際連合枠組み条約のパネルセッションでこのトピックが最初に議論されたときに最近脚光を浴びました。そこでは、温室効果ガスを排出せずにほぼ無制限の量のエネルギーを生産できるという事実から関心を集めました。 。

11月にスコットランドで開催されたCOP26でのセッションで、核融合エネルギーの歴史における「このイベントは今、そのマイルストーンの1つです」と米国NGOエネルギー共通善のジェーンホッチキス会長は語った。

「私たちは、気候のために核融合が必要なので、エネルギー源としての核融合が起こらなければならないと言います。 私たちはすべての人類にとってこの緩和の機会が必要です」と彼は強調しました。

国際原子力機関によると、理論的には、核融合は1テラジュールのエネルギーを生み出す可能性があります。これは、重水素とトリチウムの混合物がわずか数グラムで、先進国で60年間に消費される量とほぼ同じです。 。 エージェンシー。

重水素は海水から安価に抽出でき、トリチウムは天然に豊富なリチウムから生成できます。 専門家によると、このプロセスでは、原子力発電所のように長寿命で非常に活性の高い核廃棄物は発生しません。

切迫感に駆られて、東京のエネルギー関連会社で働き、2019年にスタートアップの京都フュージョニアリング株式会社を共同設立した小西と長尾隆は、京都大学の開発の商業化を目指しています。

同社は最近、核融合エネルギーの生産に磁力を使用する装置である球状トカマクとの核融合から発電する能力を実証する責任を負う政府機関である英国の原子力庁のTier1サプライヤーに選ばれました。

両者は、核融合炉の建設に必要な資源を生み出すサプライチェーンを構築することを目指しており、そのチェーンの重要なリンクは会社です。

長尾氏と小西氏によると、同社の最終的な目標は、核融合発電技術のパイオニアと見なされている日本に核融合産業を創出することです。

「日本が実験用原子炉の段階への参加を確保できれば、段階が商業用、試作品、実証用の原子炉に移行するときにも参加を続けることができる」と長尾氏は述べた。

「他の国に核融合炉を建設する場合、多くの日本企業が核融合プラントの装置をインフラ輸出のように輸出できるようになることを期待している」と彼は述べ、日本に核融合炉を建設することも可能であると付け加えた。

最新の財政刺激策の下でクリーンエネルギーを確保する手段として核融合の研究開発を提唱した日本は、欧州連合、米国、韓国、中国とともに、ITERと呼ばれる国際熱核融合実験炉プロジェクトに参加しています。 、ロシアとインドが主要メンバーです。

このプロジェクトでは、合計35か国が集まり、フランスで世界最大のトカマクを建設し、大規模なエネルギー源としての核融合の実現可能性を実証しました。

核融合発電は、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源と並んで、将来の排出削減目標を達成するための鍵として浮上していますが、核融合炉は依然として放射性トリチウムを燃料として使用しているため、リスクがないわけではありません。

釧路工業大学准教授の中村誠氏は、日本の人々が核に対する強い嫌悪感を示していることは理解できると述べた。

この国は、第二次世界大戦中に2回爆撃され、2011年の福島原発事故の悲惨で長期にわたる影響を受けたため、放射線障害事故を経験した独特の歴史があります。

核融合エネルギーが日本の人々に受け入れられるためには、福島の大惨事の前に、核融合が中村氏によると、発電所は災害の心配はなかったという。

「それらの方法の1つは、大量の放射性物質が漏洩した場合に、事件が人々の健康と環境にどのように影響するかを彼らに示すことです」と彼は言いました。

トリチウムは、皮膚、肺、または胃から大量に摂取された場合、一般的に危険であると考えられています。 それでも、福島の事故後に大きな懸念となった核分裂の副産物であるヨウ素やセシウムよりもはるかに危険性は低い。

とはいえ、トリチウムが有機的に結合したときにどのように振る舞うか、そしてそれが長期的に環境にどのように影響するかという問題は、継続的な研究のトピックになるはずだと、学会の専門委員会のメンバーでもある中村氏は述べた。プラズマと核融合の研究科学。

「潜在的な危険を明らかにすることが最善の方法であるはずだ」と中村氏は述べた。「否定的に反応する人はたくさんいるだろうが」。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。世界がクリーンエネルギーの未来を求めている中で脚光を浴びている核融合

Source#世界がクリーンエネルギーの未来を求めている中で脚光を浴びている核融合

Leave a Comment