上野駅には耳の不自由な乗客向けにオノマトペとして環境音を表示する標識があります

あなたが今までに見た中で最も面白いアクセシビリティ機能の 1 つです。

日本の駅は、スピードを出している機械、鳴り響くチャイム、絶え間ないアナウンスの流れでいっぱいの混沌とし​​た場所になることがあります. 聴覚障害者や難聴者など、さまざまな障害を持つ多くの人々にとって、通勤が特に困難な大都市である東京ほど、これが普及している都市はありません。

そして、彼らの生活を少し楽にするために、IT大手の富士通が作成しました エシマトピア.

▼えきまとぴあ特集

エキマトピアは、駅のホームに設置された大型スクリーンで構成され、マンガ風の擬音を流します。 これらの音は、実際には AI がマイクを通して拾い、リアルタイムで解釈するものを表しています。

▼エキマトペアのしくみの図:本当に巨大な脳からワイヤーが出ていればいいのですが、それは多すぎるかもしれません。

だから電車がプラットホームに近づいたら音がする」ガチャンガチャンガチャン」 音が画面全体に飛び散ります。 電車が減速して止まる、急行が加速する、警報機やクラクションが鳴るなど、すべて文字で画面に表示されます。 また、かなり詳細なので、本当に素敵な電車が通り過ぎると、画面に素敵な “うううううううううううううううううううううううううう」と、修正された「少し粗いもの」byuuuuun

さらに、駅員アナウンスは画面上で口述され、事前に録音されたメッセージの場合は手話通訳も表示されます。 「えきまとぺいあ」という名前は、季節を意味する日本語の言葉から来ています。添付ファイル、」と英単語「オノマトペ」のいくつかの音節。

▼永遠の疑問 エキマトピアは自販機に付いているのか、自販機はエキマトペアに付いているのか?

富士通は、聾学校の生徒が電車で登校したときの感想から着想を得ました。 電車が近づいてくるのにいつも気付かないので怖い、時には非常に複雑な駅をナビゲートするのは、手話の案内があればもっと簡単だと言う人もいました.

プロジェクトリーダーの本田達也氏は、エキマトペアを思いついたとき、これらの問題に対処するだけでなく、すべての聴覚タイプの人にとって楽しいものを作りたいと考えていたと語った. 本田さんは「ろう者が抱える問題について考えてもらえたらうれしい」「やさしい社会になればうれしい」と話した。

▼ 英語字幕付きのえきまとぺあ制作動画

オンラインのレビューでもほぼ満場一致の賞賛が示されているので、私はただ座ってエキマトピアを長い間眺めていてもいいことを知っています.

「これをどこでも積極的に採用してほしい」
「私は彼らが使用するフォントのスタイルが大好きです。」
「私の娘は聾学校に通っていますが、遅れがいつ起こるかわかりません。 また、普段はスタッフが歌えないので誰にも聞けないので、とても助かります。」
「それは、私たちが日本で誇りに思うことができるものです。」
「四季を通じてエキマトープが欲しい!」
「これは始まりに過ぎません。 さらに良くなる可能性があります。」
「ジョジョの奇妙な冒険みたい」
「最高の部分は、彼らがそれを楽しくしたことです。 より多くの技術が楽しみを考慮する必要があります。」

現在、えきまとぺあは東京・JR上野駅の京浜東北線・山手線ホームのみに設置されています。、しかしホンダは、おそらく空港用の「ソラマトペア」バージョンとしても、より広く採用されることを望んでいます. その有用性、人気、一見低コストのセットアップを考えると、なぜこの技術が日本中に広まらないのか、将来的にはそれ以上に広がらないのか想像するのは困難です.

出典:日経新聞、YouTube/日テレNEWS
画像:富士通
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

上野駅には耳の不自由な乗客向けにオノマトペとして環境音を表示する標識があります

Source#上野駅には耳の不自由な乗客向けにオノマトペとして環境音を表示する標識があります

Leave a Comment