上場日本企業からの個人情報漏えいは2021年に過去最高を記録

企業調査機関によると、日本の証券取引所に上場している企業とその子会社からの個人情報漏えい件数は、2021年には前年比30%増の137件と過去最高を記録した。

東京商工リサーチは、データ侵害の50%以上または68がマルウェアまたは不正アクセスによって引き起こされたと報告書で述べています。 サイバー攻撃の数は3年連続で増加したとのことです。

2012年にデータ収集を開始して以来、日本の人口に相当する約1億2000万人の個人情報の漏洩が確認されています。

米国や欧州諸国と比較して、一部の批評家は、データ侵害が発生した場合の日本の罰則は企業幹部にとって十分に厳しくなく、それが彼らの認識リスクの欠如につながっていると述べています。

1月17日に発表されたレポートによると、2021年には、データが誤って表示または送信されたことが原因で43件のインスタンスが発生しました。

今年最大の情報漏えいが発見されたのは5月で、ネットマーケティングが運営する出会い系アプリ「見合い」の最大171万人の個人情報が漏洩したことが判明した。

スイスの予約会社がそれぞれのマイレージプログラムのメンバーに関する情報に違法にアクセスした後、この事件に続いて、日本の航空会社ANAホールディングスの約100万人の顧客と日本航空の約92万人の顧客に関するデータがダンプされました。レポートに。

個人情報を保護する日本の現行法は懲罰的ではないため、ネットマーケティングやその他の漏洩の責任を負う企業は罰金を科されませんでした。

個人情報漏えいの被害者は裁判にかけられる可能性があるが、訴訟に勝った場合の一人当たりの補償額は数千円と考えられており、裁判の費用ははるかに高くなる可能性がある。

一方、米国やヨーロッパの多くの企業は、個人データが漏洩した場合、それぞれの当局から多額の罰金を科せられています。

米国の消費者信用報告会社EquifaxInc。は、2019年に政府と合意し、2017年に1億4000万人のデータが漏洩した事件に対して最大7億ドルを支払うことに同意しました。 罰金の大部分は、犠牲者を補償するために取っておかれています。

日本の情報保護法は依然として緩いものですが、4月に施行される予定の改正により状況が変わる可能性があります。

「データ漏えいが発生した場合、企業は被害者に通知する義務があります」と、牛島&パートナーズの弁護士、影島博康氏は述べています。 「補償の需要が拡大する可能性があります。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。上場日本企業からの個人情報漏えいは2021年に過去最高を記録
Source#上場日本企業からの個人情報漏えいは2021年に過去最高を記録

Leave a Comment