ワイン造りを祀る田舎のお寺

日本の森に覆われた丘の中腹にある仏教寺院では、ぶどうとワインのボトルが供物として与えられ、住職はぶどう農協の名誉会長でもあります。

正式には大善寺として知られ、日本のぶどう生産の歴史と深いつながりがあることから「ぶどうの寺」と呼ばれてきました。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、私たちが物語をよく理解するのを助けることができます.

今すぐ登録

ワイン造りを祀る田舎のお寺

Source#ワイン造りを祀る田舎のお寺

Leave a Comment