ロボット警備員が東京都庁をパトロール

ロボットイカのようにも見えます。

西武新宿駅のホームをパトロール中のロボット警備員に記者がぶつかったのは2018年のことでした。 ロボコップというよりも大きな床掃除機のように見え、当時は単に試験運用を行っていたに過ぎませんでしたが、ある意味で日本でのロボットセキュリティの始まりを告げるものでした.

▼こちらもいい香りがしてきそうです

そしていま、 8 月 11 日に東京都庁で恒久的な任務を報告された 3 台の自律型パトロール ロボットのチーム. これらの特定のロボットは、東京の Seqsense 製の SQ-2 モデルです。 彼らの AI は、あらかじめ決められたパトロール ルートを進みながら、人や障害物を検出して衝突を回避することができます。また、複数の車載カメラを搭載し、中央の場所にいる人間のセキュリティ担当者にビデオを直接ブロードキャストします。

彼らはまた、助けや一般的な問い合わせのために肉の警備員と連絡をとることができるハンドセンサーを持っています. また、バッテリーの残量が少なくなると、自動的に充電ポートを探してリンクします。その間、カメラで監視を続けます。カメラには、3D マップを作成するだけでなく、頭の上で回転するものも含まれます。ロボットのように見えますが、 ロスト・イン・スペース.

▼危うし、ウィル・ロビンソン!

ニュースの読者は、新しいセキュリティ デバイスに興味をそそられましたが、政府の建物に最適なオプションであると完全に確信していませんでした。

「彼らは頭の上で回転するもので、ちょっと威圧的に見えます。」
「R2-D2モデルはありませんか?」
「自衛のために武装することはオプションですか?」
「360度カメラをたくさん設置してみませんか?」
「大手町にはこういうロボットが多いけど、夜に見かけたら警備員より怖い」
「カメラが動き回るだけで十分な抑止力になります。 学校でもこれらを使用する必要があります。」
「彼らのカメラにテープを貼っただけです。」
「蹴り飛ばしてくれませんか?」
「最初の人が逃げるのを待っています。」
「ボストン・ダイナミクスの犬を使ってくれたらいいのに。」
「とはいえ、人間の警備員は依然として重要なことを行っています。」

実際、対人関係も含め、通常の警備員のすべての職務を処理できるロボットを作成すると、価格が大幅に上昇します。 さらに、すべての人間の仕事をロボットに置き換えることは、他の多くの社会経済的問題をもたらします。 代わりに、これらのロボットは、必要に応じて手頃な価格で労働力の不足を補います。 この場合、東京都の担当者が確認したところ、 「警備員不足を解消するための対策として、この制度を導入しました」

日本では、職場のロボットがますますアバターの形をとっており、そこから少数の人間がリモートで作業できるという兆候が再び現れています.

出典:NHK、八馬機工、Seqsense
トップ画像:YouTube/SEQSENSE, Inc.
画像挿入: ©SoraNews24

● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

ロボット警備員が東京都庁をパトロール
Source#ロボット警備員が東京都庁をパトロール

Leave a Comment