ラグビーがワールドカップ開催国として米国を選んで「ゴールデンナゲット」を狙う

国際ラグビーチーフのビル・ボーモントは、木曜日にワールドカップが初めて米国に授与された後、このスポーツは「ゴールデンナゲット」にひびが入るだろうと語った。

米国は2031年の男子トーナメントと2033年の女子トーナメントの両方を開催し、オーストラリアは2027年に男子ワールドカップを開催し、2年後に女子トーナメントを開催します。 イギリスは2025年の女性トーナメントのホストとして指名されました。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。ラグビーがワールドカップ開催国として米国を選んで「ゴールデンナゲット」を狙う
Source#ラグビーがワールドカップ開催国として米国を選んでゴールデンナゲットを狙う

Leave a Comment