モスバーガーが経営するレストランでランチを注文し、伝統的な和朝食になります

佐藤さんの軽いお弁当は、 神々のためのごちそう。

MOS Food Services、Inc。 日本のハンバーガーチェーンであるモスバーガーを所有していることで最も一般的に知られています。 しかし、彼らがハンバーガーに関係のない他のレストランも経営していることはあまり知られていません。 ミアキッチン、イタリアンレストラン、または シェフのV、野菜たっぷりの料理が集まるレストラン。

しかし、今日、私たちの常駐グルメ専門家のメニューにはどちらもありませんでした 佐藤さん、少し家に近い味のレストランに向かったので、日本食レストラン アエン

佐藤さんは、日本のほとんどの人と同じように、モスバーガーに精通していましたが、東京周辺に4つのレストランがあるアエンへの彼の最初の旅行でした。 さらなる調査の結果、Aenは1999年から営業を続けており、 玄米と野菜 —モスバーガーで通常提供されているものとはかなり異なります。

佐藤さんがアエンに行ったのはお弁当頃だったので、 有名な竹かごごちそうランチ (2,200円、19.10米ドル)。 メニューの文章が小さく、戸惑う光景に慣れている佐藤さんの目が苦労していたので、ランチセットが正確に何を含んでいるのかよくわかりませんでした。

とにかく! 名前に「有名」が入っていればきっと美味しいでしょう。

▼写真は確かに十分美味しかったです。

佐藤さんが注文するとすぐに、サーバーが白菜のマリネと豆腐の炒め物に加えて、ごまソースをかけた豆腐を出しました。 「おかず、サー。」

副菜?! のために ランチ? おそらくこれは、居酒屋のように、後で彼の請求書に追加される前菜でした。

しかし、佐藤さんが後でもう一度請求書を確認したところ、これはメインディッシュの前のウォーミングアップのように、レストランからの無料のおかずであることがわかりました。

佐藤さんがウォーミングアップを終えるとすぐにサラダが届きました。

古いサラダだけじゃなかった、 巨大でした! 他のレストランでは、サラダだけで少なくとも10ドル程度は簡単に戻されますが、ここではランチセットの一部として使用されていました。 ベーコンとシュンギクのシーザーサラダと呼ばれ、福島県の有名なアクツファームの食材を使用しました。

佐藤さんは熱心にサラダをむさぼり食いましたが、もう一つの巨大な料理が彼に提示されたとき、彼はすぐに終わりました。

▼巨大な竹かごに入った美味しそうな食べ物がいっぱい!

▼軽いお弁当を期待していた佐藤さんは、このごちそうを終わらせることができるか心配し始めていました。

竹かごはお皿のようではなく、 王にふさわしい宴会

佐藤さんは、朝食の通常の食べ方をすぐに思い出しました。 旅館 (伝統的な旅館)。 竹かごには次のものが含まれていました。

  • 刺身
  • 北海道夕張市産ごぼう
  • ピーマンと甘酢漬けのしょうごん大根
  • 高知県産の竹のマリネ
  • 鶏もも肉とモクレンの葉を味噌とネギで焼いたもの
  • レンコンの柚子胡椒揚げ

▼個々の料理の名前がとても長いので、メニューのテキストがすべてに収まるように小さくなければならないのも不思議ではありませんでした。

まるで全国の都道府県から調達した食材を使って、日本を旅するような体験でした。 個々の料理はどれも美味しかったですが、佐藤さんのお気に入りは 鶏肉のモクレンの葉を味噌とネギで焼いたもの。 日本のきもくんと呼ばれることもあるモクレンの葉は、ネギと味噌を焼くのに使われ、素晴らしい香りを放ちます。

佐藤さんもレンコンのサンドイッチのような揚げレンコンを楽しんでいました。 中にはひき肉が入っていて、レンコンはサクサクしていました。 柚子胡椒のほのかな香りもあり、美味しかったです。

佐藤さんはかなり満腹で満足していて、サーバーが彼に近づいてきたので、彼はそれが請求書にあると思いました。

しかし、まったく異なることが起こりました。

▼もちろん、これが請求書を入手するための新しい方法でない限り。

佐藤さんが終わったと思った瞬間、サーバーはまだ持ってきた 料理—今回は、ブリのグリルを上に乗せた玄米のボウルでした。

臭くてすごい味で、佐藤さんはお弁当の一部としてこれらの素晴らしい料理をすべて手に入れているとは信じられませんでした。

▼ブリは西京味噌ソースで焼きました。

佐藤さんはお椀を完成させ、箸を下ろし、ナプキンでそっと口を軽くたたくと、物を集め始めました。 しかし、彼が立ち上がると、サーバーがもう一度到着しました。 さらに別の料理。

「これがあなたのデザートです、サー」彼らはボウルを置いて言った 緑茶バイエルンプリン テーブルの上。

佐藤さんはボリュームたっぷりの食事に満足していましたが、なんとかお腹の中に抹茶デザートのスペースを見つけることができました。 そしてそれで、彼の予想外に大きな昼食はついに終わりました。

全体として、佐藤さんはアエンでの食事を楽しんだし、将来必ずまた戻ってくるだろう。 玄米や野菜を使った料理がたくさんあるので、ヘルシーなお食事をお探しの方やベジタリアンの方にもおすすめです。

ただし、もう少し贅沢な気分になっている場合は、モスバーガーの照り焼きフライが路地にあるかもしれません。

レストラン情報
アエン/あえん
住所:東京都新宿区新宿3-15-17伊勢丹会館4F
東京都新宿区新宿3-15-17伊勢丹会館4F
営業時間:11:00 a.m.-3:30 p.m. (ラストオーダー3:00 pm)5:00 pm-9:00 pm(ラストオーダー8:00 pm)
Webサイト

写真:©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

[ Read in Japanese ]

モスバーガーが経営するレストランでランチを注文し、伝統的な和朝食になります
Source#モスバーガーが経営するレストランでランチを注文し伝統的な和朝食になります

Leave a Comment