メロン果汁2%のみの「メロン100%」ジュース、日本のトロピカーナメーカーに1900万円の罰金

説明責任がこれほど甘く感じたことはありません。

昨年 9 月、人気のトロピカーナ ジュース ブランドは、かなりの量の欺瞞的なマーケティングにより、日本で脚光を浴びました。 問題は トロピカーナ 100%ホールフルーツメロン味名前からしてメロン100%と思われるかもしれません。 実際、メロンだけがはっきりと見える箱と、「100% MELON FLAVOR」などの文字が印刷されていることからも想像できます。

しかし、よくよく調べてみると、この商品は 本物のメロンの果汁が 2% しか含まれていない りんご、ぶどう、バナナの果汁98%をブレンド。 これを理解すると、箱の中に実際にはリンゴのスライス、ブドウの房、バナナが入っていることに気付くかもしれませんが、メロンの間でうまくカモフラージュされています。

▼上記のパッケージデザインを巷の人に見せた昨年の報道では、見た目はメロンにそっくりで、全体的にかなり「不完全」であることに満場一致で同意

このニュースが報じられるまでに、日本の消費者庁はすでにトロピカーナの日本のライセンシーに警告していた. キリンドリンク 不正なパケットを停止します。 彼らは、「100% MELON FLAVOR」などのフレーズを「100% FRUIT JUICE」に置き換えて、より目立つリンゴとブドウでダンボール箱を再設計しました。

▼りんごやぶどうが見やすいデザインにリニューアルされたダンボール

しかし、どうやら 消費者庁はキリンとの取引を終了せず、1 月 18 日、飲料メーカーに 19,150,000 円 (148,000 米ドル) の罰金を支払うよう命じました。 不当な景品および誤解を招く表示を禁止する法律に違反したため。

2020年6月から2022年4月までのオリジナルパッケージを使用した商品の売上を算出。 広告法の真実によると、罰金はその額の 3 パーセント、つまり飲み物に含まれる実際のメロン ジュースの量の 1 パーセントを上回らなければなりません。

罰金のニュースが報道されたとき、オンラインのコメントは、キリンが長い間それを免れていたことにショックを受けました. 一方で、消費者は自分が何を買っているかをもっと意識するべきだという、飲み物を擁護するコメントも出てきました。

“何?! よく買ってましたね。」
「公平を期すために言うと、彼らは実際に『100% メロン ジュース』とは言っていません。」
「せめて50パーセントくらいは…」
「美味しそうに見えるけど、これは違うな。」
「成分表にちゃんと書いてあったでしょ? 何を飲むかをコントロールできないのは、人々の責任です。」
「私はいつも、そのような大企業はこの種のことに本当に用心深いと思っていました。」
「人々の間で98%のジュースを盗もうとするのはかなり大胆です。」

このようなことについてそれほど欺くのはほとんど奇妙です。 個人的には、メロンの味をあまり押し付けず、ミックスであることに正直だったら、もっと飲む可能性が高い. 実際、ニュースが報じられた昨年9月にいくつか試してみましたが、主にメロンの風味がありましたが、圧倒的ではなかったので、とても気に入りました.

キリンは、誤解を招くラベルで、良いことよりも悪いことをしているように見えました. いずれにせよ、政府がビジネスを正直に保つために取り組んでいることを知っておくのは良いことです.

出典:毎日新聞、八間機工
写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

メロン果汁2%のみの「メロン100%」ジュース、日本のトロピカーナメーカーに1900万円の罰金

Source#メロン果汁2のみのメロン100ジュース日本のトロピカーナメーカーに1900万円の罰金

Leave a Comment