メジャーリーグで初の日本人、村上雅則とのトーク

ホークスからジャイアンツへの旅は簡単ではありませんでしたが、途中で 私は歴史を作りました

今年は日本で野球150周年を迎えます。 1872年に東京の開成アカデミーのアメリカ人英語教授であるホレス・ウィルソンが学校の生徒たちに野球を紹介し、それは現代の日本のお気に入りのスポーツになるでしょう。

日本の野球は、 1964年。 そんな時、20歳の村上正典「まし」が 南海ホークス (現在は福岡ソフトバンクホークス)、 アメリカのメジャーリーグでプレーした最初の日本人選手

私たちの日本語レポーターの砂駒正貫は最近、山梨県出身の78歳の彼と一緒に座り、アメリカでのプレーを振り返りました。 彼の最初の州立クラブは フレズノのマイナーリーグ1Aチーム、 の一部 サンフランシスコジャイアンツ 組織、そして村上が彼らのために売り込むために日本を去ったとき、彼はそれを一種の 「野球留学」 経験。

しかし、マイナーリーグのピッチャーとしての生活は決して簡単ではありませんでした。 手始めに、 1Aの給料は非常に低かったため、プレーヤーはそれを「ホットドッグリーグ」と呼んでいました。これは、高度に加工された肉製品が、食べられる量のほぼすべてであったためです。。 2Aは「ハンバーガーリーグ」だったと村上は回想し、メジャーリーグはもちろん「ステーキリーグ」だった。 しかし、彼のわずかな給料でさえ、集めるのは簡単ではありませんでした。 村上さんは英語がほとんど話せず、通訳も個人的な連絡もありませんでしたし、給料が遅れたとき、遅れの理由を突き止めるための語学力もありませんでした。

しかし、言葉の壁を乗り越えたのは、村上が彼の遺産のために彼自身のチームメートによって標的にされたという嘲笑といたずらでした。 村上は、「国の国旗を尊重する必要はない。人々が絶え間なく私をターゲットにしているところです。」 後から考えると、村上氏はそのように抗議したことを後悔していると言い、最終的にははるかに直接的な方法で問題を解決します。

「ある日、私たちがチームバスのどこかに乗っていたとき、誰かが私に向かって、さらに後ろの席の1つから紙の束を詰め込んでいました。 それは何度も何度も起こりましたそうですまたは、起き上がって運転手の足元からレンチをつかみました。」 村上は言う。 「私はそれを他のプレイヤーに一つずつ指さし、 『それはあなたでしたか?』と尋ねました。 「それはあなたでしたか?」 彼らは皆「いいえ!」と言いました 「いいえ!」そしてその日から、彼らの態度は良くなりました。」

村上は7回、8回、9回に接近し、チームの勝利を確保した。 彼らはその夏に連勝を続けました、「ホットドッグリーグ」(実際にはカリフォルニアリーグ)で1位になりました。 そして、アメリカに到着してから約半年後の8月のある運命の日に、村上は巨人から大リーグに呼ばれた。

小さな問題が1つだけありました。 村上はフレズノにいました、そしてジャイアンツはニューヨークの反対側でずっとメッツとの彼らの次のゲームのためにブルペンで彼を望んでいました、そしてチームはすでにそこにいました。 そこで村上は、フレズノからサンフランシスコへのクイックホップのためにプロペラ機に飛び乗った後、ニューヨークへの戦いのためにジャンボジェット機に乗り換えました。 着陸後、彼はマンハッタン行きのバスに乗るために何とか習得した英語のスキルを使用して、チームのホテルに向かいました。

次の夜、 村上は、シェイスタジアムの明るい光の下でメジャーリーグデビューを果たしました。 ジャイアンツが4-0で引きずり、8番下で試合に臨んだ村上は、マウンドに向かって歩いていると、「上を向いて歩こう」とも呼ばれる「上を向いて歩こう」を口ずさみ、ストライキを始めた。 。彼が直面した最初の打者。 次の打者はベースについたが、村上も次の打者を打ち、その後の遊撃手へのグラウンドアウトは村上のための無得点のイニングを完了し、ジャイアンツは最終的にゲームを4-1で失ったが、結果はどうなるのだろうか?ジャイアンツが7回裏に3ランを断念する前に村上がゲームに呼ばれた場合は異なっていた。

村上は、8回のマウンド出場と印象的な1.80 ERAで、1勝1セーブでジャイアンツのシーズンを終えるでしょう。 「私は自分が誰と対戦しているのか本当に知りませんでした」 彼は言い​​ます。 「当時、現在の打者の名前はスコアボードに表示されておらず、スタジアムのアナウンサーが言っていることを理解できませんでした。 だから私は誰がプレートにいるのかを気にせずに、自分のスタイルでピッチングしました。」

翌年の1965年シーズン、村上はジャイアンツに45回マウンドを奪い、ERAが3.75で、4勝、1敗、8セーブを記録しました。 1966年、彼は日本とホークスに戻り、その年の日本のプロ野球で最高の18対4の勝敗記録を残しました。 彼は1973年にホークス、1981年にファイターズで2度のチャンピオンになり、1982年に日本のプロリーグで103回のキャリアを獲得して引退しました。

しかし、野球からの引退は、村上にとって一日中歩き回ることを意味するものではありません。 メジャーリーグ在籍中、村上はプエルトリコの選手と親しくなりました。 ロバートクレメント、ピッツバーグパイレーツの。 村上氏の先輩であるクレメンテは、人道支援活動に深く関わっており、1972年に大地震の後にニカラグアに救援物資を飛ばすためにチャーターした飛行機が墜落し、クレメンテを乗せて悲劇的に亡くなりました。 他人を助けるというクレメンテのコミットメントに感銘を受け、 村上氏はその後、国連難民親善大使、チャリティー募金コーディネーターになり、着物プロジェクトにも携わっています。

彼はゲームの保存を終えたとしても、人々を助け終えていないからです。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

メジャーリーグで初の日本人、村上雅則とのトーク
Source#メジャーリーグで初の日本人村上雅則とのトーク

Leave a Comment