ムジルシで見つけたすべての桜の甘さと桜の飲み物の味をテストします

さくらは無印良品のスイーツセクションに押し寄せます、そして私たちはこのおいしいダースに抵抗する力がありません

日本では、「桜吹雪」という意味の「桜吹雪」という現象があります。 桜風吹は春に桜の木の枝に強い風が吹き、真ん中に捕まる幸運な人を取り巻くピンクの花びらの渦を巻き起こします。

同様のことが起こっています ムジルシ 最近は桜ではなく 桜のお菓子 どこを見ても。 ライフスタイルブランドが展開 さくら味のお菓子、おやつ、飲み物までたくさんあり、ひとつひとつ試してみようと決心しました。

この切望された任務を誰が処理するかを決定した、手に負えないベアナックルバトルロワイヤルの最終的な勝者として、私たちの日本語レポーター 江川佑 地元のむじるしをぶつけて、桜のお菓子一式を組み立てました(2月15日現在)。 12アイテム

●さくらバウムクーヘン
●さくら風味のパオデロ
●さくらロールケーキ
●さくら風味の大福餅
●さくらと砂糖のライスクラッカー
●さくらマシュマロ
●さくらクリームサンドイッチクッキー
●さくらかりんとう
●さくら蒸しパン
●さくらライスゼリーパンケーキ
●さくら緑茶
●インスタントサクララテ

味覚テストに入る前に、カバーする必要があります 何が桜の味を作るのか。 基本的には花びらも桜の葉も食用で、塩漬けになっていることが多いので、さくらの風味はやさしい甘みになりがちで、さわやかで塩辛い仕上がりで、とても繊細な花が咲きます。ハーブのタッチ、そしてより多くの葉またはより少ない量の塩が使用される場合は少しの苦味さえあります。

それが邪魔にならないように、タスクのメモに取り掛かりましょう。

●さくらバウムクーヘン (150円 [US$1.30])。

年輪に似ていることから「ツリーケーキ」と訳されるバウムクーヘンは、日本のスイーツシーンの定番であり、ムジルシは特に有名です(23種類の味のテストで証明されています)。 ムジルシのバウムクーヘンは実は個人サイズのケーキスティックで、タスクは唇に当たった瞬間に桜センセーションを感じませんでしたが、味を噛んだときに桜餅のスイーツに似た味になり、ケーキが甘すぎないという事実到着が遅れても桜の味が印象に残ります。

●さくら風味のパオデロ (490円)

パオデロはポルトガルのスポンジケーキの一種で、日本のカフェやパン屋で見つけられるカステラケーキのいとこです。 フロスティングや釉薬はありません。上の写真の白いものは包み紙で、食べる前に取り除く必要があります。 紙が邪魔にならないように、タスクはバウムクーヘンよりも強いサクラの香りに気づきました。また、それはより甘い風味とより風通しの良い一貫性を持っています。

●さくらロールケーキ (390円)

さくらケーキサーキットの最後の目的地であるさくらロールケーキ(パックに4枚のスライスがあります)は、トリオの中で最も強いさくらの風味があり、中央にらせん状に巻かれたクリームのリボンもそれを最も湿らせます。

●● さくら風味の大福餅 (250円)

桜は日本を代表する花であり、むじるしのさくらスイーツのラインナップには当然日本のデザートがたくさんあります。 大福は歯ごたえのある餅餃子で、一口で食べられるほどコンパクトです。 甘くておいしい、スタイリッシュな米粉のダスティングで、特にバッグがあなたに共有するのに十分な大福を与えるので、これらは非常に群衆を喜ばせる選択でしょう。

●● さくらと砂糖ライスクラッカー (190円)

これがユニークなものです。 せんべい(日本のライスクラッカー)は、米粉がカリカリに調理されるときに得られる、特に苦い後味を持つ傾向があります。 砂糖で甘くしたり、桜の葉の粉で味付けしたりしています。 とはいえ、最終的には、根底にあるトーストしたご飯の風味がここで最も強いものですが、少し塩辛い甘さがあり、味蕾が固まるのが少し難しいように見えます。 それでも、本当に美味しいせんべいがいくつかあります。

●● さくらマシュマロ (250円)

さくらマシュマロでも同様の状況が起こっています。 淡いピンク色はすぐに桜を思い起こさせますが、桜の風味はかなり微妙です。 しかし、マシュマロとして、彼らが素晴らしい味をするのはショックではありません…

…そして、あんこ(あんこ)の芯も、普通の品種よりも少しだけ特別な気分にさせてくれます。

●● さくらクリームサンドイッチクッキー (120円)

いいえ、まったく同じなので、なぜタスクが2つ購入したのかわかりません。 たぶん、彼はクッキーがどれほどおいしいかについて予感を持っていたかもしれません、そして彼が必然的にアンコールを渇望し始めたときに彼が楽しむために別のものを拾うべきであると結論するためにこの予知を使用しました。 上の塩漬けの桜が視覚的なピザを与え、中のクリームには桜の葉が混ざっていて、甘くて塩辛い味の素晴らしいブレンドを与えています。

●● さくらカリンス (190円)

かりんとうは、小麦粉を揚げた甘いおやつです。 これらは、調理前に塩漬けの桜の葉を混ぜ合わせたもので、味わいがかなり強く伝わってきます。 とても美味しいので、たすくがスペースを節約するために必要な他の11の御馳走を持っていなかったなら、彼はその場でバッグ全体を食べていたかもしれません。

●● さくら蒸しパン (390円)

明確にするために、これらは饅頭、蒸しで調理された小さくて甘い餃子であり、日本のコンビニエンスストアで販売されている手のひらサイズの蒸し饅頭ではありません。 生地の桜の葉の斑点がすぐに目立つので、すぐにタスクはこれらが強い桜の風味を持っていることを知ることができました。 あの生地をなめらかなあんこに包み、あんの甘みと桜の葉の塩味が相性抜群なので、たすくは1つだけでは食べられないので、8個入りでよかったです。

●● さくらライスゼリーパンケーキ (190円)

私たちの最終的な食品には、もう少し紛らわしい名前があります。 ラベルの日本語のテキストでは、これらを桜餅付きのミニどら焼きと呼んでいます。これは、このスリーピースパックの中で何が待っているのかをより明確に示しています。 確かに、どら焼きは甘くてもパンケーキに似ています。 しかし、「ライスゼリー」は、桜餅、桜餅、粘り気のある餅のデザートを表す誤解を招く方法です。 英語の商品名にもあんこ詰めは記載されていませんが、

言語/パッケージデザインはさておき、ここで文句を言うことは何もありません。強い桜の風味、満足のいくテクスチャーの組み合わせ、そして生地の色付きの霜降りとの美しい美学です。

●● さくら緑茶 (390円)

ムジルシは、これらすべてのスナックを洗い流す2つのサクラスタイルの方法を提供し、タスクは、サクラグリーンティー(ポーチ内の10個のティーバッグの1つで作られた)のカップから始めました。 桜の葉と茶葉が混ざり合って、たすくの味蕾にほんのり甘みを与えています。 個人的には、より深い苦味が好きで、葉っぱを重ねて飲むので、これまでのところ「さくら!」っぽいものは少ないです。それが完全に無難な緑茶なら。

●● インスタントサクララテ (390円)

たすくがさくらラテパウダーのポーチを開けたとき、なんらかの間違いがあるのではないかと思いました。 桜はピンクですよね? 目を見張るようなホットピンクではないかもしれませんが、少なくとも柔らかいパステルです。 さくらラテパウダーは、しかし、灰色です。

▼彼らは彼に灰の袋を与えましたか?

残りのスタッフはまだ意識を失っていましたが(ベアナックルバトルロワイヤルを思い出してください)、タスクは最終的な味のテストを開始する人がいませんでした。 それで彼は粉末の一部をカップにスプーンで入れ、お湯に注ぎ、そして…

…すぐにピンクになりました!

たすくはこれがどのような桜の魔術なのかわからなかったが、信仰が回復したので一口飲んだ。確かに桜の味がそこにあった。 サクララテを一度も食べたことがない人にとっては、ホワイトチョコレートのホットチョコレートのようなものですが、甘くなく、塩味のある仕上がりになっています。 とてもリラックスできる飲み物で、お腹がいっぱいのデザートで、しばらくどこにも行かなかったので、たすくは喜んで飲んでいました。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

ムジルシで見つけたすべての桜の甘さと桜の飲み物の味をテストします
Source#ムジルシで見つけたすべての桜の甘さと桜の飲み物の味をテストします

Leave a Comment