ボンボローニ イタリアン フィリング ドーナツは、日本で次に人気のスイーツ ブームになる要素を備えているのでしょうか?

今日、佐藤さんは、日本語の「砂糖」と発音は同じですが、文字が異なる彼の名前に忠実に生きています。

東京オリンピックのような大きなイベントがついに開催されるにもかかわらず、2021年は常に 日本語レポーターの佐藤さんにマリトッツォの年を。 ホイップクリームで満たされたこのイタリアのデザートブリオッシュパンは、昨年日本を襲った最もホットな食品トレンドの1つとして日本を熱狂させました. 誰もが地元のパン屋やコンビニエンス ストアでマリトッツォを手に入れるために列を作っているようでした。この御馳走は、今年の新語リストのトップ 5 にランクインすることさえありました。

▼2021年の日本の食ブームの源、謙虚なマリトッツォ

対照的に、 キャンディー 生地は一般的なドーナツよりも薄いですが、中央にヘルシーなクリームが入ったイタリアのドーナツのようなペストリーです。 佐藤氏は、ボンボロニが次の大きな試みであるという噂を聞いていたので、7 月 21 日から東京の銀座地区にあるスターバックス リザーブ ストアが新しいレモン ジンジャー フレーバーでそれらを販売し始めたという事実と相まって、最終的に推進されました。通りの言葉が真実かどうかを判断するために、彼は自分でいくつか試してみました。

▼東京・銀座にあるスターバックス リザーブストア

彼が店に足を踏み入れると、4 つのフレーバーのボンボロニがケースの中で彼を迎え、RPG で発見されるのを待っているきらめく宝石のように手招きしました (彼の正確な類推)。 ペストリーは、プリンチ ベーカリー チェーンによってスターバックスに提供されます。

当然、彼は家に持ち帰るためにそれぞれを購入しなければなりませんでした。 次に、それらを 1 つずつ紹介しますが、画面からよだれを垂らし始めた場合に備えて、最初にティッシュをつかむことをお勧めします。

まず、 クリーム(カスタード)味 ペストリーあたり364円/ 2.74米ドル。 間違いのない真のクラシックです。

2つ目は新作 レモン(檸檬)ジンジャー味 1個446円。 レモンの酸味が夏の暑さを吹き飛ばしてくれます。

第三は、 ランポーネ(ラズベリー)とホワイトチョッコラート(チョコレート)味 1個391円。 ラズベリーが入っているので、夏のおやつにもぴったりです。

最後に、4つ目は ティラミス味 1個446円。 これは、1 円でもっとお得に、1 つで 2 つのイタリアン デザートを試食したい方に最適です。

佐藤氏は宝石を調査した後、それぞれの宝石をサンプリングしました。 一口食べるごとにソフトクリームが口いっぱいに広がり、とても満足のいくものでした。

佐藤さんはボンボローネが「次のマリトッツォ」になる可能性を秘めているとお考えですか? 実は違う。 結局のところ、ボンボローネは日本のミスター ドーナツのような典型的なドーナツ チェーンにあるようなドーナツに近すぎると彼は考えています。 つまりマリトッツォのようにオリジナリティが足りない。 ただし、前作を凌駕する可能性がないとしても、それ自体がおいしいおやつとして楽しめないわけではありません。 結局のところ、彼の本で炭水化物の天国に昇ることができることは決して多くありません.

店舗情報
スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り店
住所:東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル
東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル
営業時間: 午前 7 時~午後 9 時
Webサイト

参考:スターバックス ジャパン
すべての画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

ボンボローニ イタリアン フィリング ドーナツは、日本で次に人気のスイーツ ブームになる要素を備えているのでしょうか?
Source#ボンボローニ #イタリアン #フィリング #ドーナツは日本で次に人気のスイーツ #ブームになる要素を備えているのでしょうか

Leave a Comment