ボトル入りのお湯は、日本ではボトル入りのホットケーキのように売れています

お湯はそこにある最も熱い水です。

ボトル入り飲料水は日本で長い間大流行しており、店の棚にはあらゆる種類のフレーバーと炭酸レベルが揃っており、ますます健康志向の消費者にアピールしています。 よ 11 月 1 日、Asahi Soft Drinks は、市場で唯一の温かいボトル入り飲料水で、古いクラシックに新たな解釈を加えて発売しました。

▼と呼ばれる おいしい水天然水さゆ.

しかし、これはただのお湯ではありません。 として知られているものです」悲しい「」の代わりに日本語で投票」 これはお湯の通常の用語です。 投票 摂氏 40 度 (華氏 104 度) ほどの温度に加熱された水ですが、 悲しい これは、沸騰させた後、摂氏約 50 度 (華氏 122 度) まで冷やした水と見なされます。

おそらく想像できると思いますが、沸騰プロセスは不純物を除去するのに役立ちます。 悲しい 特に蛇口から得た場合は、おゆのより健康的な代替品です。 悲しい 血行促進や消化促進に優れていると言われています。

アサヒの「おいしい水 天然水 さゆ」の場合、天然温泉水をそのまま瓶詰めし、50~60℃(華氏122~140度)に加温。…考えてみると、これはそうではありません 悲しい. 結局のところ、それは本当にどんなお湯でもあります。

朝日にとって公平を期すために、それが正確に何であるかについての厳密な定義はありません。」悲しい』は、源泉かけ流しの天然温泉水ですので、同じ温度でお召し上がりいただけます。 悲しい、このおいしい水天然水さゆの健康上の利点が真実である可能性はまだ十分にあります. いずれにせよ、日本の顧客は本当に思い切った行動をとっています。 予想以上の売れ行き、SNSでの反響は他のアサヒ商品の10倍!.

▼ドキドキの表情からもわかるように、当ライターのあひるねこさんも大好きです

これは、アサヒが以前にボトル入りのお湯を販売しようとした 2014 年とは対照的です。 当時は「ホット天然水」というシンプルな名称で発売され、売れ行きが芳しくないほどだった。 しかし、人々がより健康的な飲み物を求めるようになり、「さゆ」というより興味深い名前を求めるようになったことで、アサヒは成功の秘訣を見つけたようです。

オンライン コメントの反応も概して肯定的でしたが、外出してお湯を購入することに誰もが完全に同意したわけではありません。

「だから、冷やせば水になるだけ」
「彼らは風味のあるバージョンを作るべきです。 それは良いかもしれません。
「代わりにラーメンのスープをもっと売ってください。」
「大きな瞬間。 人々は添加物を含むものにうんざりしており、まだ競争相手がいません。」
「手早くスープを作りたいときに重宝します。」
「甘くなくて、お茶よりすっきりするのでいいです。」
「冬にぴったりですね。」
「今日見て、買いました。 喉が潤ってよかったです。」
「胃腸が弱いのでぴったりですね。」
「私はお湯にお金を払っていません!」
「朝、シャワーから出る水をそのまま飲めます。」

理論的にはシャワーから出る水を飲むこともできますが、その方法でのみお湯を消費することには明らかな物流上の問題があります. 少なくとも、「おいしい水 天然水 さゆ」は外出先でも手軽にお湯が飲めるので、チェックしてみる価値はあるかもしれません。 340 ミリリットル (11 オンス) のボトルあたり 113 円 (US$0.80).

出典:オリコンニュース、アサヒ飲料、マイゲーム速報、ミズセレクト
写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

ボトル入りのお湯は、日本ではボトル入りのホットケーキのように売れています

Source#ボトル入りのお湯は日本ではボトル入りのホットケーキのように売れています

Leave a Comment