ペットのマイクロチップを要求する新法で日本の国民が分裂

努力はすることです 放棄と行方不明のペットを減らす、しかし、一部は搭載されていません。

6月1日から日本政府 ペットショップやブリーダーの犬や猫にマイクロチップを付けることを義務付ける法律を制定。 この法律は、行方不明のペットが飼い主と再会するのを助け、動物が無謀に捨てられるケースを減らすために制定されました。

子犬や子猫に埋め込まれるマイクロチップの長さはわずか約2ミリメートル(0.08インチ)で、チップ内には所有者の名前、住所、連絡先情報にリンクする15桁の数字が格納されています。 日本の一部の地域では、飼い主がペットの在留カードを作成することもできます。 政府の見積もりが正しければ、1年以内に41万匹以上のペットがマイクロチップを使用することになります。

しかし、政府はペットの安全を念頭に置いているだけでしたが、オンラインでのこれらの意見によって表明されたように、一部の人々は異なった考えを持っていました。

「これは少し外れていませんか? たとえそれが愛の行為であったとしても、生き物にこの種の手順を強制することは正しくないようです。 その代わり、 彼らは放棄に対する罰をより厳しくするべきです。」
「ペットを捨てると、マイクロチップを強制的に取り除く方法が見つかるのではないかと心配しています…」
「これは私がすでに飼っているペットにも当てはまりますか?」
「人々もマイクロチップを使うべきだと主張し始めるでしょう。」

法律では、すでに所有しているペットにマイクロチップを付けることは義務付けられていませんが、 政府は皆の協力を強く求めます。 これは、避難所や他の関連組織で養子縁組される猫や犬にも当てはまるようです。 ですから、日本ですぐにペットを飼うことを計画しているなら、これを覚えておいてください! いずれにせよ、私たちは法律が実際に国内で行方不明または放棄されたペットの数にどのように影響するかを見るのを楽しみにしています。

出典:LivedoorNews経由のMyGame News Flash
画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? FacebookとTwitterでフォローしてください!

ペットのマイクロチップを要求する新法で日本の国民が分裂
Source#ペットのマイクロチップを要求する新法で日本の国民が分裂

Leave a Comment