フランスの「おたく」というレストランに行って、オタク寿司を食べます

パリのレストランはアニメグッズで溢れていると思っていましたが、現実は まったく違うもの。

私たちの日本人記者 金沢郁奈 彼女は再び世界を旅し、彼女が最も得意とすることをしていることに気づきました—日本国外で最高の日本食レストランを発見しました。 以前はエジプトの寿司とスペインのラーメンを試食していましたが、今ではフランスの街、特に首都パリに目を向けています。

これは、イクナがパリ料理を提供する最初のロデオではないため、パリの多くのいわゆる「オタク通り」の1つを歩いていると、彼女はそれをすべて見たと思いました。

そして、彼女はそれを見ました— rue Voltaireの終わりに、 驚くほど珍しい名前。

▼レストランのある建物は華やかでパリジャンでしたが、1階は…

▼…’レストラン…オタク…??」

確かに、実際の意味を知らずに日本語だけを使っているレストランはたくさんありますが、「オタク」という言葉は世界中で非常に有名になり、伝説のロッカー、ジーン・シモンズでさえその言葉の意味を知っています…ちょっと。

外から見ると、オタクは普通の日本食レストランのように見えるので、イクナは「オタク」の部分がどこに入るのかを見つけるのに苦労していました。 パリのオタクが集まって好きな漫画について話す場所でしたか? アニメグッズでいっぱいでしたか? 深呼吸をして、イクナはカメラを持って中に入った…

…見つけるためだけに 完全に普通に見えるレストラン。

▼一枚も見えない!

店内には絵画のような和風の装飾が点在していましたが、生名さんの意見では、日本料理というよりは普通のフランス料理店のようでした。

▼よく見ると日本食レストランだったのを見逃しがちです。

レストランの常連客も比較的「オタクではない」ように見えました。 郁名が本当に、本当に一生懸命想像したなら、彼女は「オタクのように見えないオタク」のためにある種の集まりに出くわしたとほとんど信じることができました。 彼女が密かにオタクであるフランス人でいっぱいの部屋にいると想像する代わりに、彼女は 彼女のエネルギーをメニューに集中させます。

コースは寿司、刺身、焼き鳥など食べ放題で、ランチは12.9ユーロ(13.61ドル)、ディナーは17.9ユーロ(18.89ドル)で、パリの基準ではかなりでした。適正価格。

▼食べ物は注文書で注文しました。フランス語が苦手な方に便利です。

▼利用できる寿司は、イクラ、マグロ、エビなどのオプションがあり、通常の日本のメニューに表示されるもののように見えました。

▼おかずも美味しく、焼き鳥や天ぷらもいろいろ。

▼マキロールとカリフォルニアロールがイクナの口に水をまき始めました!

しかし、お腹が扱える焼き鳥をすべて注文する準備をしたとき、彼女はおいしいランチプランにスパナを投げ込む何かに気づきました。 イクラ寿司、エビ寿司、焼き鳥などの高額メニューは ディナーのみご利用いただけます。 もう一つの奇妙な追加は、握り寿司が夜のメニューでしか利用できなかったのに対し、軍艦ロールはランチメニューの一部であったということでした。

高級寿司や焼き鳥がなくても注文が多かったので、郁名は味噌汁から始めることにしました。

でも、この味噌汁は、きのこやごまのローストが上に浮かんでいたので、生菜がこれまで試したことのない味噌汁のようでした。 でも、スープストックはかなり美味しかったです。

▼オタクのスープスプーンには、なぜか茄子の絵が描かれた「おいしい」という日本語の単語がありました

しかし、郁奈は味噌汁を食べるためだけに日本から来たわけではなかったので、彼女は自分の状況で日本食のファンなら誰でも何をするかを注文しました。 すし。 ランチメニューに生魚が入った実際の寿司は、サーモンにぎり、サーモンガンカンロール、マグロロールだけだったので、彼女はそれを注文しました。

これは間違いなく本物の寿司でしたが…

…ご飯の量が多かったです!

オタクのオンラインレビューを一目見たところ、魚とご飯のバランスが崩れていることに多くの人が同意したようです。 これは、これがパリでは通常の量の米と考えられているとほとんど信じていた生菜に安堵した。 彼女はご飯が美味しかったことを認めなければなりませんでした、そしてここで売られている寿司はおそらく日本でうまくいくでしょう。

不思議なことに、郁奈が一番楽しみにしていたのは、まったく日本人ではないものでしたが、 ブロッコリー炒め物。 予算内で旅行するということは、野菜を必要なだけ食べる機会があまりないことを意味します。特にパリのように高価な都市では、これは彼女が銀行を壊すことなく緑の何かで軽食をとる絶好の機会でした。

他にもこの揚げイカのようなおかずがありましたが、寿司の一部として大量のご飯が入った後、郁奈の胃にはほとんどスペースが残っていなかったので、彼女は予定していたほど多くを食べることができませんでした。

結局、イクナはオタクは日本食レストランというよりアジアンビュッフェのスタイルであるという結論に達しましたが、それでも美味しかったです。 その特定のパリの森の首に自分自身を見つけた場合は、それをチェックしてください。 リシュリュー通りにある「日本よりも日本人が多い」ラーメン店も、間違いなく日本人の方が好きな方におすすめです。

レストラン情報
レストランおたく
63 Bd de Picpus、75012パリ

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

フランスの「おたく」というレストランに行って、オタク寿司を食べます
Source#フランスのおたくというレストランに行ってオタク寿司を食べます

Leave a Comment