ピザハットの新米ピザが日本初上陸!

すべてのトッピングがピザ生地の代わりにご飯にぴったり合うわけではありません。

ちょうど先々週、 ピザハットジャパン 「」と呼ばれる新製品を導入することが発表されますごはんのピザ」 地元の味に応えるために。

ごはんピザ、直訳すると「ライスピザから作られた新ベースを採用。 ピザ生地の代わりにお米、そして私たちが「米」と言うとき、私たちは米粉を意味しません – これらのベースはで作られています 現在の米粒。

1人用の「マイボックス」セットの一部として、次の3つの異なるセットから選択できます。 和風ヨーロピアンスタイル、 と アメリカンスタイル. 1箱に3種類のピザが入っているので全部で9種類あるので、全部買いました。

▼お米の漢字「」」、「」と読むことができますマイ「」のように聞こえます私の

和風セットのふたを開けると、 焼肉カルビ照り焼きチキン、 と 明太子 (ピリ辛明太子) マヨネーズ醤油ピザ。

側面には、フライド ポテトとチキン ナゲット 2 個の別のセクションがあり、すべてのボックスに含まれています。

これは素晴らしい小さなセットでしたが、もちろん、ここでのショーの主役はピザで、これまでに見た他のどのピザよりもはるかに小さかった.

▼それぞれの直径は7.5センチメートル(3インチ)でした。

とはいえ、ご飯はかなりお腹いっぱいになるので、フライドポテトやナゲットと一緒に3つ食べるとかなりの量になります。 しかし、彼らはどのように味わうでしょうか? から始めましょう 焼肉カルビ、これは、すべての日本のピザと同様に、 マヨネーズがトッピングされています。

▼日本ではマヨネーズが人気のピザです。

おお。 ここの味は最高でした — カルビは最高でしたしっとり、しょっぱくて、ジューシーで、ネギとマヨネーズが絶妙にマッチ. 円盤状のご飯も期待以上で、まん丸でまんべんなく炊きあがり、焼いても米粒のふっくらとした食感がそのまま残っていました。

▼焼きおにぎりと普通の焼きおにぎりの中間的な感じと味わい。

珍しい米粒ベースがとても美味しかったので、もっとフレーバーの組み合わせを試してみるのが待ちきれなかったので、すぐに手に取った 照り焼きチキン 味のために。

こちらもカルビと同じく甘辛いですが、 チキンにはスモーキーな風味がありました肉の存在感を際立たせます。 照り焼きチキンにコーンとマヨネーズを合わせた和風ピザです。

セットの最後のピザは 明太子マヨネーズ醤油、比較すると、より控えめなフレーバープロファイルがありました。 卵は少し塩辛く、米のベースに完璧にマッチし、ベーコンを追加することは最初は奇妙な選択に思えましたが、全体的な味を持ち上げるのに役立ち、他のピザにぴったりのより多くのモーゼルを作成しました.セット。

▼一番デリケートな味わいなので、まずはこちらから。

次は、ヨーロピアン スタイル セットで海外旅行に出かけましょう。 イベリコ豚 とバジル海老とロブスターのソース、 と ミラノ風ソーセージ ピザ。

▼スペイン、フランス、イタリアがこのコンセプトの背後にある国のようです.

イベリコ豚 とバジル 贅沢に厚切りのイベリコ豚を2枚トッピングし、端を少し焦がしながら焼き上げました。 予想通り、脂身の多い豚肉はジューシーで少し脂っこいですが、上にのせたバジルが脂をカットし、ピザに素晴らしい新鮮さを加えました.

▼ベーコン好きにはたまらない逸品。

次は、 海老とロブスターのソース、全 9 種類のピザの中で唯一クリーミーなトッピングです。 チーズとホワイトソースがグラタンのような風味を生み出し、上に乗った2本の海老と相まって、クリーミーでありながらまろやかで、ベースのライスとの相性も抜群です。

▼ヨーロピアンピッツァ3種の中で最も軽く、ご飯の相性も抜群。

テイスティング ツアーの最後の目的地はイタリアでした。 ミラノ風ソーセージ 薄切りのミラノ風ソーセージ、山盛りのゴーダチーズ、トマトベースのソースで迎えてくれました。

▼ここは特に変わったことはありませんが、とにかく美味しかったです。

ラインナップの最後のボックスは、 アメリカンスタイルセット、 を含む ガーリックシュリンプバーベキューポーク、 と ペパロニの恋人 ピザ。

全9種類のピザのうち、 ガーリックシュリンプ 全体的に白い外観で、上にソースがほとんどかかっていませんでした。 しかし、予想以上にしっかりとした味わいで、にんにくや胡椒の風味が口いっぱいに広がります。

バーベキューポーク ヨーロッパの兄弟のようにイベリコ豚も含まれていましたが、今回はコンセプトがまったく異なり、甘いバーベキューソースがよりアメリカ的な風味を生み出しています.

最後に、 ペパロニの恋人. サラミは辛さ控えめで幅広い層の口に合うようにしましたが、イタリアンソーセージとゴーダチーズとの相性が抜群でした。

▼美味しかったのですが、これはカリカリのピザ生地が欲しくて仕方がありませんでした。

お腹がいっぱいになったので、すべての新しいライスピザを振り返り、トップ 3 をランク付けする時が来ました。

No.1 焼肉カルビ(日本)
No.2 海老とロブスターのソース(ヨーロッパ)
No.3 てりやきチキン(日本)

日本のフレーバーはご飯とよく合うように設計されているため、トップ 3 のピザのうち 2 つが日本のセットからのものであることは驚くことではありません。 他のピザもまだ美味しかったですが、どういうわけか、歯ごたえのある米ベースよりも、カリカリのピザ生地によく合っているように見えました.

すべてのピザは軽くて驚くほど食べやすかったです。特に日本の人々が米を消費するようになった今、地元の農家を支援し、より多くの人に米を食べてもらう方法について既成概念にとらわれずに考えたピザハットを称賛しなければなりません。 50 年前より 40% 少ない米.

新しいピザボックスは8月22日から発売され、価格はテイクアウト1,000円(7.40米ドル)、イートインダイナー1,350円です. ドミノと違い、お箸は付いていません。

写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

ピザハットの新米ピザが日本初上陸!
Source#ピザハットの新米ピザが日本初上陸

Leave a Comment