パンデミックの中で日本の子供たちの体力が悪化する

日本の子供たちの体力は、COVID-19パンデミックが彼らに運動の機会を奪った2年前から4月に始まった2021年度に悪化しました、日本スポーツ庁による調査は金曜日に示しました。

小学校5年生と高校2年生の男子と女子の総合成績は低下した。 子どもの得点は、2008年度に調査を開始して以来、最低水準に達しました。

調査は4月から7月にかけて、小学校5年生で約103万人、中学校2年生で約98万人を対象に実施されました。 彼らの身体的パフォーマンスは8つのカテゴリーで評価されました。 パンデミックのため、2020年度は年次調査を中止しました。

小学校5年生の男子は2019年度の53.6点から52.5点に低下しました。女子は55.6点から54.7点に低下しました。

高校2年生では、男子の得点が41.6点から41.1点に下がった。 女の子の場合、スコアは50ポイントから48.4ポイントに低下しました。

カテゴリ別に見ると、腹筋運動、左右ジャンプ、長距離走のスコアが劇的に低下しました。 50メートルのスプリントと投球でもスコアは下がる傾向にあった。 スコアは一気にわずかに上昇しました。

また、体育を除いて、週に7時間以上体育やスポーツをしている最年少の子どもの割合が初めて50%を下回ったこともわかった。 他のすべてのグループの割合も低かった。

子どもたちの約40%は、パンデミックのために運動する時間が少ないと述べ、約30%は、運動する時間が増えたと述べ、運動に費やす時間の点で子供たちがますます二極化していることを強調しています。

調査によると、子供たちはスマートフォンの使用やゲームのプレイにより多くの時間を費やしていました。 小学校5年生では、15.9%の子供が1日5時間以上のスクリーニング時間を持っていました。

調査によると、すべての男子と最年少の女子グループの肥満率も過去最高を記録しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。パンデミックの中で日本の子供たちの体力が悪化する

Source#パンデミックの中で日本の子供たちの体力が悪化する

Leave a Comment