パリの無印良品店を訪ね、フランスならではのミニマリスト商品を探しました。

無印良品のパリの支店は、ヨーロッパと日本の味が完璧に調和しています。

ライフスタイルブランド 無印良品 ミニマリストでありながらスタイリッシュな商品で愛され、今では世界30カ国以上に日本店の支店があります。 確かに、それは無印良品の国際的な人気です 現在、日本よりも海外に無印良品の店舗が増えています。

私たちの日本人記者と熱心な旅行者 亀沢郁奈 彼は最近、無印良品の海外支店の1つを訪れていることに気づきました。 フランス・パリ。 しかし、イクナは無印良品のフランス支社に現れてすぐに購入しただけではありませんでした。 彼女は無印良品の商品を探していました フランス限定。

多くの場合、日本企業が海外に進出するとき、彼らは 地域限定商品、 通常、その地域の人気のあるアイテムやシーンを表示します。 ウェストフィールド・フォーラム・デ・アールのショッピングセンターで見つけた無印良品で、どんな上品なお土産が売られているのか、郁奈は興奮した。 彼らはきっとフランスの魅力にあふれているでしょう!

郁名が店に入ったとき、彼はインテリアが無印良品の普通の古い日本の支店にどれほど似ているかに嬉しく驚きました。

▼これは本当にパリなのか、それとも郁奈はどういうわけか日本にテレポートされたのか?

いいえ、彼はまだフランスにいたので、彼はその特別なアイテム、無印良品のフランスの支店からのその独占的な製品を見つけるために彼の検索を始めました。 ここのどこかにありました!

このフランスの無印良品では、白いチョコレートで覆われたイチゴが大騒ぎされていました。 確かにエレガントで洗練されていて、フランス限定の商品と言えますが、日本でも購入できるので、郁名は興味がありませんでした。

家具のセクションもかなり標準的に見えました。 ここでは異常なことは何もありません。

靴下も同じで、下にある足の親指の足袋も同じで、フランス人が和風の靴下を履くのが好きだと知って、郁奈は驚いた。

そして、あきらめようとしたとき、彼女はそれを見ました!

▼エッフェル塔のスタンプ! 確かにこれはフランスだけのものでなければなりませんでしたか?

無印良品のアザラシステーションで、イクナは塔の形をしたアザラシを見ました。 お土産にフランスを表すシンボルが1つしかない場合は、 それは有名なエッフェル塔でなければなりませんでした。 フランスからの独占記事を見つけました!

…かそこら、近くのスタッフにタワーのシールは世界中で入手可能だと言われるまで、彼は考えました。それを見ると、シルエットは実際には東京タワーのように見えます。 スタッフはさらに次のように付け加えて、イクナの心を打ち砕きました。

「基本的に、ここには「フランス限定」のアイテムはありません。」

従業員の言葉にも関わらず、イクナは心が痛む中、実際にフランスでしか販売されていない香りのキャンドルでいっぱいのホールに出くわしました。 そして、これは技術的には「フランス限定」のアイテムとして数えられましたが、廊下は確かに素晴らしいにおいがしましたが、実際には郁名で「フランス」と叫ぶことはありませんでした。

▼エッフェル塔が刻印されていれば、もっと「フランス」に見えるかもしれません。

しかし、イクナが2回目と3回目の来店をしたとき、彼は日本の無印良品とフランスの無印良品の傾向の違いに気づきました。 ここでは木製の洗濯バサミがとても人気があり、大量に展示されていました。

▼それはたくさんの木製のペグです。

▼日本式のお弁当もフランスの無印良品ファンに人気のようでした。

しかし、イクナにとって最も「フランス的」であると感じたのは食品部門でした。販売されている食品の種類とその原産国は非常に「フランス的」であると感じたからです。

▼イタリアン食材のパスタソース..。

▼オランダ産の食材を使ったモッツァレラスティック..。

▼そしてもちろん、ここフランスで育てられた無印良品の有名なジャガイモのガーリックフライ!

そうです、イクナが食品売り場に着いたときだけ、ヨーロッパからの食材を使った商品がたくさんある無印良品のフランス支店で買い物をしているような気分になりました。 私は特にガーリックフライに感銘を受けました。 結局のところ、すべてのフランスのスーパーマーケットは、フランスのジャガイモから作られたフライドポテトを販売する必要がありますが、 フライドポテトで作った日本のフライを再輸入しますか?

フランス人は本当に自分たちの国を愛している、とイクナは思った。

▼日本食のセレクションも販売されていました。

▼いくなが買ってしまった

フランスならではの食べ物はないようでしたが、生菜はインスタントの日本のスープ、大根のチップス、フライドポテトを購入することにしました。 ゲランドの海塩を添えたフライドポテト。 日本でも販売されていますが、初めてお試しいただきました。

▼ゲランドシーソルトチップスの価格は2.50ユーロ(2.84米ドル)で、日本とほぼ同じ価格です。

郁名が一口食べたとき、「うーん!」とぶつぶつ言わざるを得なかった。 チップはフランスの農業と日本の技術から生まれました、なんと組み合わせでしょう!

結局、イクナは良いものを見つけることができませんでした ‘これはフランスからです!’ 無印良品のパリ支部から覚えていますが、美味しいフライドポテトを楽しむことができました。 美味しい日本食もたくさんあるので、フランスで日本料理が苦手な人がいたら、無印良品は最高の場所です。

無印良品で販売されるバウムクーヘンの数は増えていますが、エスカルゴのような独特のフランスの味を作るのは時間の問題です。 結局のところ、それはアイスクリームとかなりよく合います、それで、なぜですか?

写真©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

パリの無印良品店を訪ね、フランスならではのミニマリスト商品を探しました。

Source#パリの無印良品店を訪ねフランスならではのミニマリスト商品を探しました

Leave a Comment