パネルは、安定した帝国の継承を保証するための2つの提案を提示します

水曜日に安定した皇室継承を確保する方法を検討することを任務とする政府パネルは、岸田文雄首相に皇室のさらなる縮小を防ぐ2つの提案を提示したが、特定の後継措置に関する結論を延期した。

平民と結婚する女性が帝国の地位を維持し、1947年の帝国世帯法を改正することにより、元支部の男性の相続人が帝国の家族に養子縁組されることを可能にする2つのオプションは、毎回その数に対処しようとします。

諮問委員会は、政府が安定を達成する方法について議論するよう議会から求められたにもかかわらず、この問題は「将来試されるべきである」と述べ、女性または母系の帝国メンバーが王位に就く資格があるかどうかについては言及しなかった。 2017年の拘束力のない決議での帝国の継承。

皇室典範では、父の側に皇帝がいる男性に相続人を制限しているが、今上天皇の相続人は、弟の秋篠宮正仁皇太子(56歳)と甥の久陸宮正仁王子(15歳)の3人だけである。そして彼女の叔父、日立王子、86。

法はまた、王室の女性が平民と結婚することによって皇室を去ることを規定している。

岸田文雄氏は、慶應義塾大学前学長の清家敦氏が議長を務めるパネルディスカッションの結論を尊重し、議会に報告することを表明したが、政府は、提案が憲法やその意志と矛盾するかどうかをまだ検討していない。 関与。

皇室に生まれた女性は、庶民と結婚した場合、王位を放棄しなければならないということに基づいて生活を計画してきました。 突然の制度変更で強制されることなく、結婚後も皇室にとどまることができるかどうかは疑問だ。

さらに、皇室の女性が王族の地位を維持できたとしても、政府はそのような地位を配偶者や子供に与えない傾向があります。そうすることで、保守派が強く持つ女性の君主や皇帝に道を開くことができるからです。それに反対した。

このような場合、皇族は政治などの分野で異なる規則や制限を受けるため、皇族と王族の地位を持たない者を世帯に入れることは不可能であるという意見もあります。活動と選挙。そうするキャリア。 庶民には適用されません。

このシステムはまた、皇室の男性と結婚する女性が子供と一緒に王室の地位を与えられるが、その逆は与えられないという二重基準を強調しています。

かつての支部の男性相続人を皇室に養子縁組することを認めることに関しては、家族の出身を理由とする差別を禁じている憲法に違反することが懸念されている。 皇室典範も子供の養子縁組を禁じています。

憲法は、関係者の同意なしに政府が養子縁組を強制することを許可していないため、計画は、適格な子孫のいずれかが実際に皇室に入ることを望んでいるかどうかによって異なります。

政府は、約600年前に皇室と共通の祖先を共有し、第二次世界大戦の終結から2年後の1947年にその地位を放棄した11の古代支部のいずれの意図もまだ確認していません。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。パネルは、安定した帝国の継承を保証するための2つの提案を提示します

Source#パネルは安定した帝国の継承を保証するための2つの提案を提示します

Leave a Comment