バンド後の生活—パンクバンドの元ギタリストがフェアトレードのバリスタになった経緯

ある男がパンクミュージックではなくコーヒー豆を持った男にそれを固執することにした方法の物語。

日本語レポーター 中澤誠二 マントラをしっかりと信じています」あなたは11人しか生きません‘、あなたが人生を最大限に生き、あらゆる機会を最大限に活用する場所。 彼は10代の頃からギターを手に取り、バンドで演奏し始めたときから、このように感じ始めました。 彼は現在SoraNews24のフルタイムのライターですが、プロのミュージシャンになるという彼の夢が実現したことはありません。 実際、彼は世界中でギグを演奏し、彼自身のレコードを書いたりリリースしたりしているので、まったく逆です。

そして、セイジは世界的なロックスターの名声の目まぐるしい高さに達した後も謙虚な生活を続けることができましたが、スポットライトでの時間が終わった後、他のミュージシャンに何が起こったのか常に疑問に思っていました、 特にバンドの場合

調査報道記者の眼鏡をかけたセイジは、そのような人物を1人追跡した。 と呼ばれる男 NG、東京を拠点とするパンクバンドの元ギタリスト 窃盗 (「ロバ」)。

▼2011年から2016年にかけて、東京の渋谷、高円寺、下北沢で活動。

最初に日本のインディーレーベルGoodLovin’Productionと契約した後、Robaは独自のレコードレーベルを作成し、日本中のライブハウスのツアーに参加しました。

▼ロバのヒット曲のひとつ「アーリーアフタヌーン」。

バンドの写真でさえ、地下の電気的な雰囲気を放ち、セイジは実際のパンクロッカーに会うことに少し緊張しました。 きっとこの男はかなり威圧的になるだろう…!

▼…今日はNGなのでセイジは思った。

最近、NGはのゼネラルマネージャー兼ディレクターです SOL’S COFFEE、東京に3店舗、福井県に1店舗の自家焙煎コーヒーショップ。 彼はまた彼の本名で行きます、 中島さん。 彼が元パンクバンドのギタリストだったと誰もが知ることはできないので、セイジは彼に彼のパンクバンドの起源の話を尋ねることにしました。

セイジ:どのようにしてバンドで演奏を始めましたか?

中島さん:中学3年生の時、ローリングストーンズのアルバム「ストリップド」のライナーノーツに序文を書いた3代目の養殖業者、濱田茂雄さんに出会いました。 彼に触発されて、私は自分で歌詞を書き始めることにしました。 歌詞に合わせてギターを習いました。 それから、高校に入ると、ステッペンウルフの「ワイルドでいこう」を演奏している別の生徒の声が聞こえてきて、バンドで演奏を始めました。

そこから、カフェやホテルで遊ぶための報酬を受け取り始め、その間に私はロバの他のメンバーに会いました。 当時はブルースを弾くのが好きでしたが、他のメンバーの「DIYスピリット」は本当にかっこいいと思いました。 多摩美術大学の研究室でロバの最初のデモを録音したのを覚えています。 すべてがとてもガンホーでした。 何よりもミュージシャンとして生計を立てたいと思っていました。

数年後、中島さんは大学を卒業し、吉祥寺の「フォースフロア」というライブハウスで働き始めました。 彼は毎日音楽を演奏していました、そして彼はついに 本格的なプロのミュージシャン。 ロバがバラバラになり始めたのはその瞬間でした。

中島さん:各メンバーの理想と現実は、止められない流れのように絡み合った。 それは確かに、ロバの崩壊の大きな要因でした。 同じ頃、他のバンド「zampano」も活動を休止しました。 正確な理由はわかりませんが、タイトなツアースケジュールのストレスでメインシンガーがバンドを去りました。 私たちは新しいリードシンガーを探して見つけましたが、約2回のギグの後、 彼らは死んだ。

公平を期すために、その頃の私の記憶は非常にかすんでいるので、それが本当であるかどうかさえわかりません。 私が知っていたのは、私がそのように続けることができなかったということだけです。

突然、中島さんのバンドは両方とも終わり、プロのミュージシャンとして一生懸命頑張っていた人生も終わりました。 SOL’SCOFFEEの社長で現在の妻である新井理恵子と出会ったのはその頃。

では、次に何が起こったのでしょうか。

中島さん:両方のバンドを失った後、 音楽レーベルを始める。

セイジ: CDを配布する会社のように?

中島さん:CDを作るようなものです。 私はレコーディング機器を持っていて、幸運にもロバにいるときにインディーズレーベルを始めた経験がありました。 素晴らしいと思った音楽を宣伝する絶好のチャンスだと思いました。 そこでレイコに聞いたら、「CDプレスを買わないの?」と言われました。 それを聞いたとき、あごが床にぶつかった。

セイジ:どうやって食べますか?

中島さん:そうですね、バンドメンバーとして得たノウハウをもとに、他社でCDをプレスしてもらう必要があると思っていました。 私はCDプレスを購入して自分でプレスすることを考えたことはありませんでした。 独自の焙煎機を備えた喫茶店のようなものです。 そうすれば、ブランドをより良く確立できます。 SOL’S COFFEEはすべて、壁、床、パン、ペストリーなど、私たち労働者によって作成されています。 ここにあるものはすべて、私の理想のインディーズレーベルよりもはるかにDIYで、独立していて、独創的でした。 「「コーヒーショップはとてもパンクです」と思いました。 それが私の興味をそそり、代わりにここで働き始めたいと思いました。

中島氏: そして、ここで働いて以来、私の目はたくさん開かれています。 ‘と呼ばれる動きがありますスペシャルティコーヒー‘それは基本的にこれらすべての大手コーヒーチェーン企業への反対運動として機能しています。 以前は、さまざまな地域や国からコーヒー豆の混合物を安価にまとめて購入し、低い利益率でコーヒーを販売するのが一般的でした。

しかし、これはますます苦しんでいるコーヒー農家にとって公平ではありませんでした。 したがって、私たちは 良いコーヒー豆に公正な価格を支払う。 このようにして、私たちは提供するコーヒーの品質を向上させると同時に、農家にお金を還元し、コーヒー自体の価値を高めることができます。

セイジ:なんてパンク! ロックバンドのニルヴァーナがMTVの全盛期に出てきて、すべてを混乱させたときのように。

中島さん:そしてそうです! この動きはとても「ティーンスピリットのようなにおい」ですよね? 実際、調べてみると、パンクカルチャーの人たちが、コーヒー専門のムーブメントに夢中になっていることがわかりました。 パンクカルチャーとスペシャルティコーヒーに夢中になることには本当のつながりがあるように感じました— どちらも非常に「不適合」です。

セイジ:それで、お店の「精神」は変わっていないとおっしゃっていますか?

中島さん:まあ、私たちはただのコーヒーショップですが、パンク精神はまだ非常に存在しています。 実は、台湾でのコーヒーイベントに招待されたときは、特に頼まれていなくてもギターを弾いていました。

また、ユニクロ浅草店との提携により、 「SOL’SCOFFEE」Tシャツ、 コーヒーが入ってくるバッグと同じデザインを使用しています。 収益の一部は、オリジナルのジュートバッグを作ったコーヒー農家に還元されます。 私たちは、Tシャツを購入するようになった人々に、豆を栽培する農家に戻って、コーヒーが作る旅全体を考えてもらいたいと考えました。 個人的には、大企業の影響を受けて、これらの小さな喫茶店のことを理解できたのは面白いと思います。 これらのアイデアは、パンクバンドに所属していることから生まれたと思います。」

▼ユニクロで販売しているTシャツ…

▼…コーヒーのジュートサックにロゴが入っています。

中島さんはバリスタとして幸せに暮らしていますが、それでも音楽を生かしたいと思っています。 彼の現在の夢は、コーヒー豆の農場で労働者が作った音楽を録音し、店で彼らの音楽を演奏し、CDからのすべての利益を労働者に売り戻すことです。

そして、清治さんがバンドに参加してよかったかと尋ねると、中島さんは「ロバも含めて、バンドで演奏した時の貴重な思い出があります。 バンドメンバーとしての人生のおかげで、私は今日の自分です。」

ですから、興味深い裏話のあるコーヒーを渇望していることに気付いた場合は、 SOL’S COFFEE

コーヒー情報
SOL’S COFFEE ROASTERY
東京都台東区浅草橋3丁目25-7NIビル1F
NIビル、3-chōme-25-7、浅草橋、台東区、東京
営業時間:午前8時 – 午後5:00
水曜日は休業

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

バンド後の生活—パンクバンドの元ギタリストがフェアトレードのバリスタになった経緯
Source#バンド後の生活パンクバンドの元ギタリストがフェアトレードのバリスタになった経緯

Leave a Comment