バイデンは支援を示して元国防高官を台湾に派遣する

ジョー・バイデン米大統領は月曜日に元国防高官の代表団を台湾に派遣していた、と彼の政権の高官は言った、ロシアのウクライナ侵攻後に中国が主張した島への支持のしるし。

統合参謀本部議長のマイク・マレンが率いるこの訪問は、台湾が警戒レベルを引き上げた時期に行われ、中国が気を散らされた西側を利用してそれに反対することを警戒している。

北京は民主的に統治された島をそれ自身のものとして主張し、必要ならば力でそれを中国の支配下に置くことを誓った。

ジョージ・W・ブッシュ前大統領とバラク・オバマ大統領の下で米軍最高責任者を務めた元海軍提督のミューレンには、ブッシュ下の元副国家安全保障顧問であるメーガン・オサリバンと元国防次官のミッシェル・フロノイが同行する。匿名の条件で話した当局者によると、オバマの下での防衛の。

マイク・グリーンとエヴァン・メデイロスの2人の元国家安全保障会議のアジア担当上級理事もこの旅行を行います。これは「台湾に対する私たちの継続的な強力な支援を示す」ことを目的としています。

代表団は火曜日の午後に台湾に到着し、水曜日の夜まで滞在する予定でした。その間、蔡英文台湾大統領、邱国正国国防相、その他の高官と会談する予定です。

台湾の大統領府は、ウクライナ危機の間のタイミングが台湾と米国の関係が「堅実」であることを示したと言って、ツァイとの訪問と会談を確認した。

米国当局は、訪問のタイミングがロシアのウクライナ侵攻の影響を受けているかどうかについては明らかにしなかった。

台湾は先週、ドナルド・トランプ前大統領の下で務めたマイク・ポンペオ元米国務長官が3月2日から5日まで訪問し、ツァイに会うと述べた。

バイデン政権はポンペオの訪問についてコメントすることを拒否し、彼を民間人と呼んだ。

マレンが率いる代表団に言及して、政府高官は次のように述べた。「これらの5人の個人の選択は、台湾に対する超党派の米国のコミットメントとその民主主義についての重要なシグナルを送り、台湾に対するバイデン政権のより広範なコミットメントが堅実なままであることを示しています。 」

当局者は、ワシントンは「平和以外の方法で台湾の将来を決定するためのあらゆる努力は、西太平洋の平和と安全に対する脅威を意味する」と見なすだろうと付け加えた。

「米国は、台湾の人々の安全または社会的または経済的システムを危険にさらすであろう強制または他の形態の強制へのいかなる手段にも抵抗する能力を維持するだろう」と当局者は言った。

マレンの代表団は、元米国上院議員であった2021年4月以来、バイデンの行動で元公務員のグループが台湾を初めて公に訪問したことを示しています。 クリストファー・ドッドと元国務副長官のリチャード・アーミテージとジェームズ・スタインバーグがそこを訪れ、北京が独立を求めていると非難するツァイと会いました。

最新の旅行は、米国の軍艦が敏感な台湾海峡、中国と台湾の間の水路を航海した数日後に来ます。 米軍はその通過を日常的なものとして説明したが、北京はそれが「挑発的」であると述べた。

ホワイトハウスは日曜日、ロシアのウクライナ侵攻を非難するよう中国に求めた。

しかし、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の指導者習近平が、侵略のわずか数週間前に米国の影響力に対抗することを目的とした強化された戦略的パートナーシップを発表した後、北京はモスクワを批判することをほとんど避けた。

長年の米国の政策の下で、ワシントンは台北と非公式な関係しかなく、北京を外交的に認めています。 しかし、米国の法律は台湾に自らを守る手段を提供することを義務付けており、バイデン政権はトランプとポンペオの島との関与を強化する政策を継続することを誓った。

ロシアのウクライナへの攻撃は、「戦略的曖昧さ」という長年の物議を醸す米国の政策についての議論の高まりにさらなる刺激を与えました。

影響力のあるハウスインテリジェンス委員会の民主党議長であるアダムシフを含む一部の米国議員は、中国の軍事圧力が高まる中、台湾を守るための米国の「義務」についてより明確にするよう求めたが、既存の政策の支持者は、これがリスクを悪化させる可能性があると述べている対立。

中国のワシントン駐在大使は1月、ワシントンが台湾の独立を奨励した場合、2つの超大国が軍事紛争に陥る可能性があると述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。バイデンは支援を示して元国防高官を台湾に派遣する
Source#バイデンは支援を示して元国防高官を台湾に派遣する

Leave a Comment