トルコのエルドアン首相は、「テロ支援」国をNATOに入国させないだろうと述べている

タイップエルドアン大統領は先週、フィンランドとスウェーデンの代表団とのトルコの会談は「期待されるレベル」ではなく、アンカラはNATOに加盟する「テロ支援」国に賛成できないと述べた、と国営放送のTRTハーバーは日曜日に報じた。

トルコは、スウェーデンとフィンランドがNATOの同盟に参加することに反対し、ロシアのウクライナ侵攻に直面して歴史的な拡大を可能にする協定を保持している。 エルドアン首相の最新のコメントは、彼の反対が続いたことを示していた。

「タイップ・エルドアン首相がトルコ共和国の首長である限り、NATOに入るテロを支援する国々に「はい」とは絶対に言えない」と彼は土曜日のアゼルバイジャンへの旅行からの帰国について記者団に語ったと伝えられた。

2つの情報筋は以前、水曜日の会談はほとんど前進せず、さらなる議論がいつ行われるかは不明であるとロイターに語った。 30人のNATO加盟国全員が、西側同盟を拡大する計画を承認しなければなりません。

トルコは、クルディスタン労働者党の過激派グループやテロリストとみなされる他の人々と関係のある人々を抱えていること、そして2019年にアンカラへの武器の輸出を停止したことを理由に、スウェーデンとフィンランドからの入札に異議を唱えました。

「彼らは正直でも誠実でもありません。 治安機関であるNATOでそのようなテロリストを受け入れ、養う国々に関して過去に犯された過ちを繰り返すことはできない」と述べた。

スウェーデンとフィンランドは、テロを非難し、アンカラとの調整の可能性を歓迎すると述べた。

エルドアン首相はまた、トルコはロシアとウクライナの間の戦争をできるだけ早く終わらせたいと望んでいたが、状況は日々ますます悪化していると述べた。

「月曜日に、私はロシアとウクライナの両方と電話をします。 我々は引き続き、両当事者が対話と外交のチャネルを運営することを奨励する」と述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。トルコのエルドアン首相は、「テロ支援」国をNATOに入国させないだろうと述べている
Source#トルコのエルドアン首相はテロ支援国をNATOに入国させないだろうと述べている

Leave a Comment