トヨタは賃金需要を完全に満たす準備ができていることを示します

豊田章男社長は水曜日、今春の賃金交渉で労働組合の要求に完全に応える準備ができていることを示した。

豊田氏は労働組合との会談で、自動車メーカーの経営陣は、過去1年間の努力に対して従業員に十分な報酬を与えることを目指していると述べた。

豊田氏は「賃金やボーナスについては、会社と労働組合の意見に違いはない」と述べた。

企業の経営陣が、最初のラウンドで労働組合からの要求に完全に応える準備ができていることを示すのは珍しいことです。 春闘 年収交渉。

豊田氏は、自動車業界が直面している課題を含め、春闘の話を賃金以外の問題に集中させたいと考えているようだ。 トヨタのアプローチは、他社のシャント交渉に影響を与えると予想されます。

トヨタ自動車労働組合は、従業員1人あたり月額1,600円から4,900円の昇給と、6.9か月分の年俸を要求している。 経営陣は3月16日に正式な回答を行う予定です。

労働組合の西野勝義会長は、豊田氏のコメントは、課題を解決する方法について話し合いたいという彼の願望を反映していると考えていると述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。トヨタは賃金需要を完全に満たす準備ができていることを示します
Source#トヨタは賃金需要を完全に満たす準備ができていることを示します

Leave a Comment