トナカイの牧畜民がノルウェーの風力発電所から土地を埋め立てようとしています

ノルウェーの猛烈なフォーセン半島はどこからも遠く離れており、その山々は何世紀にもわたって先住民のサーメ人とそのトナカイを支えています。 これらの同じピークは、王国の風力エネルギー計画に不可欠であり、ネイティブの遊牧民であるレナ・ホーゲンは、彼女の人々が代償を払っていると言います。

雪に覆われた地形を蛇行するのは、国営のFosenVindによってサーミの土地に建設された数十の空の高さの風力タービンです。 機械が来ると、トナカイは建設の不協和音と回転する刃のうなり声に驚いて去りました。

サーメ人にとって、その移住は彼らの文化と自給自足経済の中核部分を脅かしました。 それで彼らは押し返し、昨年、国の最高裁判所は彼らを支持し、伝統的な放牧パッチの151基のタービンが国際法の下でサミスの人権を侵害していると裁定しました。

ハウゲンと彼女の人々は機械を壊したいと思っていますが、それでも彼らは旋回します。 ノルウェーを先住民の権利を尊重するリーダーにし、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためのグリーン産業を育成することを約束した新政府は、解決策を研究していると述べています。

「私たちは最高裁判所で勝訴しましたが、評決が言うように何もされない限り、私たちは決して聞かれることはありません」と、27歳のホーゲンは言いました。 「勝利はありません。 ノルウェーが先住民族をそれほど高く評価していないことは明らかです。」

このケースは、この石油依存国の風力発電の鐘であり、排出量を削減し、すべての電化に備えるためには、膨大な水力資源を補う必要があります。

ノルウェーは電力輸出国ですが、その余剰分は2026年までに蒸発し、風力発電設備のレーンが開かれる可能性があります。 突風の北海がすぐそこにあり、海岸線はカナダに次ぐ世界で2番目に長い海岸線です。

1月25日、ノルウェーのフォーセンに住むトナカイの飼育者、レナ・ハウゲン| ブルームバーグ

しかし、陸上産業は衰退しており、この判決は役に立たないでしょう。 当局は2019年4月以降、手付かずの土地の荒廃に対する国民の懸念もあり、許可を発行していません。政府は、タービンをホストするコミュニティのボーナスに基本的に資金を提供するために陸上生産に課税することを検討しています。

BloombergNEFのアナリストであるIsabelleEdwardsは、次のように述べています。 「プロジェクトが構築された後にライセンスが取り消されるリスクは、投資家を他の場所に送る可能性があります。」

その結果、気候変動との戦いという名目で先住民の土地を利用することへの制限を刺激する可能性があるため、残響はノルウェーの国境を越えて感じるかもしれません。これは、活動家が緑の植民地主義として導き出した慣行です。

国営のStatkraftASによって管理されているFosenVindは、この地域に合計1,057メガワットの風力発電所を6つ建設し、ヨーロッパ最大の陸上プロジェクトの1つになりました。 RoanとStorheiaの2つの最大の農場は、サーメ人が放牧権を持っている土地を使用しています。

Fosen Vindが支払う補償額を決定する過程で、遊牧民は先住民の権利が侵害されており、解体と返還のみを受け入れると主張しました。

事件が下級裁判所を介してピンポンされた後、ノルウェーの最高裁判所は10月に、2つの農場が市民的および政治的権利に関する国連規約、特に少数派が「自分たちの文化を楽しむ権利を否定されるべきではない」と述べた第27条に違反したと裁定しました。 」

「十分な緩和策なしに」トナカイの飼育を妨害することはまさにそれを行うので、タービンの許可は無効であると裁判所は述べた。 しかし、それはそれらを違法と宣言することとは異なるので、政府は機械を解体するように命令する必要はありません。

「これを課す判決には何もないので、私はその結論を導きません」と、ジョナス・ガール・ストア首相はインタビューで述べました。

トナカイの角を使って作られたコートラック| ブルームバーグ
トナカイの角を使って作られたコートラック| ブルームバーグ

ヨーロッパ最大の再生可能エネルギー生産国であるスタットクラフトは、新しいライセンスを申請しています。このプロセスには数年かかる可能性があります。

Fosen Vindはトナカイの飼育に関するさまざまな研究を提案していますが、遊牧民は参加していません、と最高経営責任者のTom KristianLarsenはインタビューで述べています。

「私たちが到達したいのは、人権を侵害することなく施設を運営し続けることができるように、いくつかの緩和策を理解することです」とラーセンは言いました。

現在ローン農場を管理しているTronderEnergiASは、緩和措置が行われている間、政府は最高裁判所の判決後の継続的な運営を承認したと述べた。

経済協力開発機構は2019年の報告書で、先住民サーミ人はフィンランド、ノルウェー、ロシア、スウェーデンの土地に「太古の昔から」住んでおり、その人口は約80,000人と推定されています。

彼らの放牧遺産は少なくとも16世紀までさかのぼることができ、別々のFosenグループが2,000頭ものトナカイを管理しています。

500ポンド(227キログラム)を超える動物は主に肉用に飼育されていますが、サミは残りを無駄にしません。皮は衣類、靴、シートカバーになり、アントラーはナイフ、手工芸品、ハンガーになります。 。

「これは文化の一部であり、世代から世代へと受け継がれています」と、レナの父親であるTerje Haugen(60歳)は述べています。 「私たちが自然を借りているだけだというのはいつものことです。」

それでも、コミュニティの多くは、失われた収入を補うために2番目の仕事をしています。

Lena Haugenは、ローンマウンテンから車で約1時間のナムダルセイドに住んでいます。 そこにある風力タービンは、高さ87メートル、または20階建ての建物よりも高いです。

彼女は家業を引き継ぐことを望んでいますが、タービンが残っていれば何も残っていないのではないかと心配しています。

「2人の息子が私が成長したときに経験したのと同じことを経験できることを本当に望んでいます」とレナ・ホーゲンは言いました。 「このライフスタイルは純粋な魔法です。 しかし、これが続けば、それが起こるとは思えません。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。トナカイの牧畜民がノルウェーの風力発電所から土地を埋め立てようとしています
Source#トナカイの牧畜民がノルウェーの風力発電所から土地を埋め立てようとしています

Leave a Comment