タコの触手の耳栓が日本のおもちゃのカプセルマシンに登場

私はスタイリッシュな聴覚保護具のファンです。

大都市のハムやクラクションは気にしませんが、うるさくなりすぎて、すべてオフにしたいときがあります。 だからこそ、耳栓は素晴らしい隔離のための命の恩人になることができます.

しかし、それらは退屈なものになりがちで、くすんだフォームやシリコンで入手できます。平和と静けさに少しピザズを追加するのはいいことではないでしょうか? もちろんそうですので、次に耳に刺さるものを探しているときは、タコの触手にしてください。

タコの耳栓 (たこのみみせん)は1月19日にトイカプセルマシンに到着し、6種類で利用可能になります:生タコ、ゆでタコ、メンダコと呼ばれる小さな丸い深海タコ、アオダコ、イカの腕、長さ14センチメートル(5.5インチ)の非常に長いイカの触手.

素人をイカさせるために、イカには2つの引き込み式の付属肢があり、遠くから獲物をつかみ、残りの8本の腕の届く範囲に持って行き、仕事を終わらせることができます. これらの 2 つの長い部分は、イカの真の「触手」であり、技術的には「腕」と呼ばれる他の四肢を備えています。 実際、タコは技術的には「触手」ではなく「腕」を持っていますが、頭足類のセマンティクスに行き詰まりすぎないようにしましょう。

▼イカの触手と腕が連携している素晴らしいショット

この耳栓は、岩手県北上市のガラス工芸家、平野元気さんの発案によるものです。 オリジナルのタコの耳栓はエレガントなガラス製で、今年初めにバイラル センセーションを巻き起こしました。 しかし、その生産の独立した性質のために、販売は昨年5月に東京千代田区で開催された2日間の文化祭であるIso Market Festに限定されていました. 昨秋、アイソ マーケット フェストのオンライン ストアで第 2 版が販売されましたが、それでも、耳にタコの触手が欲しいという大衆の憧れを鎮めるには十分ではありませんでした。

幸いなことに、おもちゃのカプセルのプロデューサー いきもんヒットしたツナ ブリキ リングも提供してくれた . 彼らはまた、スローガンの下でそれを販売しています 耳にたこ これは日本語の語呂合わせです”それで” 「タコ」と「麻痺」の両方を意味し、何かを聞きすぎて耳にたこができて耳栓が必要になるという比喩的な意味で使用されます。

オクトパスの耳栓に対するオンラインの反応は圧倒的に好意的であるため、これも同社の別のベストセラーのようです。

“これ欲しい!”
“希望する!!!”
「最初はイヤリングかと思ったけど、これはもっといい。」
「え?なにそれ?欲しい!」
「耳栓はいらないから、こんなヘッドホンはどう?」
「誰かワイヤレスヘッドホンにして光らせて!」
「メンダコが欲しい!!! どうやって手に入れるの!?」

残念なことに、特定の頭足類の好みを持つ人は、カプセル マシンのハンドルを握る幸運に直面する必要があります。 また、カプセル トイとしては、巧妙に設計された遮音ツールというよりは目新しさのほうが大きいことにも注意してください。

とはいえ、より高品質の耳栓や、一部のレビューで期待されていたワイヤレス ヘッドフォンでさえ、この同じ原則で製造できない理由はありません。 彼らがこれまでに受け取ったフィードバックを考えると、試してみないのはおかしいでしょう。

フォント: ツイッター/@hirano_genkiオタクドットコム
画像: ツイッター/@hirano_genki
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

タコの触手の耳栓が日本のおもちゃのカプセルマシンに登場

Source#タコの触手の耳栓が日本のおもちゃのカプセルマシンに登場

Leave a Comment