セブン-イレブンの新しい温泉水は、日本のコンビニエンスストアが本当に便利であることを証明しています

驚くべき飲料は、顧客サービスへのチェーンの取り組みを実証しています。

日本の多くの人はお湯を飲むのが好きです 消化器系を浄化し、腸の健康を制御します。 科学は実際に機能するかどうかを調べていますが、それは私たちの記者佐藤氏が最近試していることです。彼の医者が彼に彼の体に入れるもののより良い世話を始めるべきだと言った後です。

それで彼がセブン-イレブンが今やお湯を飲む人々の欲求に応えていると聞いたとき お湯のボトルを売る、佐藤さんはすぐにチェーンの最寄りの支店に向かい、チェックアウトしました。

▼案の定、彼が到着したとき、ホットドリンクのセクションに…

…谷川岳の温泉水!

佐藤さんは、日本のコンビニエンスストアには美味しいものや飲み物が揃っているといつも思っていましたが、お湯のボトルを手にしたので、それが本当だとわかりました。

それに、これは単なるお湯ではなく、群馬県と新潟県の国境にある1,977メートル(6,486フィート)の山である谷川岳からの温泉でした。

▼280ミリリットルのボトル1本は91円(0.79米ドル)で販売されています。

この新しいリリースをさらに興味深いものにしているのは、それを明確にする特別なブランドが付属しているという事実です この水は熱く提供されるように設計されています、だからあなたはそれを冷蔵セクションで見つけることは決してないでしょう。

ラベルの「ホット」(「ホット」)サインには、「体にやさしい「そして、遠くから見るとステッカーのように見えますが、そうではありません。ラベルの一部です。

つまり、 この水は熱くしか売れません —ラベルのこの部分に「ホットウェア” と “ホットコンテナ販売専用商品「。

日本で何ガロンもの奇妙で素晴らしい高級ドリンクを試したにもかかわらず、このお湯の飲み物は佐藤氏がそれ以来見た中で最も奇妙なものでした、まあ…ボトルウォーター。 市場にボトル入りの水がない状態で育った佐藤さんは、山ではなく蛇口から水が出てきた時代を思い出し、家で簡単に作れるものにお金を払うことに騙されたのではないかと思いました。 それで彼は経験豊富な水を飲む人なら誰でもすることをしました—彼は味覚テストで彼の目を見張る内なる批評家を沈黙させようとしました。

▼水と水を比較する日が来るとは思ってもみませんでしたが、ここにあります。

佐藤さんはボトルから透明なグラスに水を注ぎました。 よく調べてみると、 無色、透明、無臭の液体、これは日本の山からの湧き水に期待するものです。

佐藤さんはマグカップを持ってやかんから水を入れて、 2つの浄化された形態の水を比較するのに最適 湧き水と水道水ではなく、明らかに水道水の味がします。

2つを並べて調べると、沸騰した水道水も無色、透明、無臭でした。 この時点で、これがブラインドテイスティングだったとしたら、佐藤さんは両者の違いがわかりません。

しかし、それぞれを一口飲んだ後、その違いは十分に明らかになりました。 谷川岳の湯呑みが圧倒的に美味しかったです! 佐藤さんは、「体に合った」とのことで、なめらかな食感と不快な味わいはなく、実は「比類のない」と表現しました。

佐藤さんはお湯の味とやさしい健康効果に心を打たれましたが、他の幸せなお客様からは、お母さんが赤ちゃんのために調合乳を混ぜるのに便利で、食事を作るのに役立つという指摘がありました。お茶漬けみたい。

お茶漬けを作るということになると、佐藤さんは少し専門家で、最近スターバックスの白湯で試してみました。 しかし、お湯を直すもっと便利な方法があることを知った今、彼は間違いなく地元の日本のコンビニエンスストアにもっと頻繁に立ち寄るでしょう!

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

セブン-イレブンの新しい温泉水は、日本のコンビニエンスストアが本当に便利であることを証明しています
Source#セブンイレブンの新しい温泉水は日本のコンビニエンスストアが本当に便利であることを証明しています

Leave a Comment