セブン-イレブンで新しいフローティングホログラムレジスタを使用する方法

日本のコンビニエンスストアチェーンでは、未来のSF映画のように買い物をすることができます。

先月、日本のコンビニチェーン セブン-イレブン 彼らがハイテクになると発表し、紹介します POSレジ用の「世界初」の非接触/空中ディスプレイ技術

キャッシュレスセルフチェックアウト、吹き替えデジタルPOS「、フローティングエアリアルディスプレイが特徴で、2月1日に東京の6つの秘密の場所に設置されました。 私たちの勇敢なレポーターの佐藤さんは、新しいターミナルを試すことができる支店を探しに行きました。2週間の検索の後、彼はついに1つを見つけました。 7-Eleven’s Akasaka Tokyu Plaza Store in Tokyo’s Akasaka Mitsuke

佐藤さんが店内に足を踏み入れるとすぐに、目の前でセルフチェックアウトが行われました。 一見、バギングスタンドのように見えましたが、機械の周りの緑色の標識にはすべて「空中ディスプレイキャッシュレス自己登録」はそれらを横切って飾られました。

彼はコーヒーのボトルを手に取り、それを購入するために自己登録に戻りました。 横からは何も見えませんでしたが、機械の正面に近づくとディスプレイが見え始めました。

彼はレジスターの前に立っていました、そしてそこにありました—画面が彼の前にポップアップし、SF映画のようなもののように空中に浮かんでいました!

佐藤さんは、浮かぶディスプレイに手をかざして背後の空気を掴みたいという子供のような衝動に抵抗した。 代わりに、彼は画面の指示に従って、「パイ」の音がするまで、スキャナーで飲み物のバーコードをスキャンしました。

それが済んだら、フローティング画面の「支払い」ボタンに指をかざしました…

▼…その後、彼はキャッシュレス支払い方法を選択するように促されました。

佐藤氏はSuicaオプションを選択し、Suicaトランスポートカードをカードリーダーの上に置いたまま財布(下の画像の赤い丸で囲んだ部分)に入れて支払いを完了しました。

▼最後の画面では、ターミナルを離れる前に、次の項目を忘れないように注意してください。

そして、そのように、佐藤さんはコンビニで人との接触なしにコーヒーを一本買っていました。

▼下のビデオを見て、プロセス全体が実際に動作していることを確認してください。

現在、セブン-イレブンの一部でお試しを行っておりますが、現在、非接触型決済の需要が高まっており、今後、全国の店舗でこれらのフローティングディスプレイが登場する可能性があります。 そして運が良ければ、日本で唯一の究極の体験のために、片目で武士のホログラムが付いてくるかもしれません。

店舗情報
セブン-イレブン赤坂東急プラザ店/セブンイレブン赤坂東急プラザ店
住所:永田町千代田区東京都2-14-3
東京都千代田区永田町2丁目14-3東急プラザ赤坂1階

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

セブン-イレブンで新しいフローティングホログラムレジスタを使用する方法
Source#セブンイレブンで新しいフローティングホログラムレジスタを使用する方法

Leave a Comment