セブンイレブンの冷やし麺全8種を食べてみた【試食】

冷やし麺は夏の完璧な食事ですが、どれが最高ですか?

弊社日本語レポーター PKサンジュン 天気が最近のように暑いときにやりたいことはただ一つ — 食べること 冷やし男子、または冷麺。 そば、うどん、スパゲティ、卵麺、特に冷たいものならなんでも喜んで食べます。

彼にとって幸運なことに、彼は、彼の渇望を満たす冷麺を見つけるために遠くまで行く必要はありませんでした。 セブンイレブン なんとその日を救うために手元にいました 8種類から選べる冷麺!

もちろん、PK は美味しそうな冷麺の中から 1 つだけを選ぶことはできませんでした。そのため、彼は 8 つすべてを購入し、どれがチルド チャンピオンであるかを調べるために味覚テストを行うことにしました。その場で仲直りしましたが、それでも一流のようでした。

初開催のチルドチャンピオンシップバトルで最初に登場したのは、 さっぱりとした醤油ダシの冷やし中華(550円) [US$4.12])。

PKは冷やし中華の大ファンですが、店で買うバージョンよりも自家製の冷やし中華を好む傾向があるため、通常はコンビニやレストランから入手することはありません. そのため、PK はこの競合に大きな期待を寄せていませんでした。

でもセブンイレブンの冷やし中華は 驚くほど美味しい。 きゅうりともやしはシャキシャキでしたが、この料理の本当のヒーローは醤油ダシでした。 味は約束通り、 さわやか. ピリッとした辛さのレベルは、PK の専門家の意見では完璧でした。 実際、とても美味しかったので、PK は将来また購入することさえ考えました。

お皿の次は、 濃厚とんこつ貝の富田つけ麺(691円)。

この料理は、セブン-イレブンと、東京で最高のラーメン店の 1 つとしてよく引用されるレストラン、富田ラーメンとの間の毎年のコラボレーションの一部です。

富田ラーメンの名店とのコラボだけあって美味しく、魚介系の出汁は万人受けする味でした。 PKさんはインパクトのある麺を期待していましたが、実際はかなりスタンダードな味の麺でした。

▼次は、 三種天ぷらの冷やしぶっかけうどん (560円)

PK は、いくつかのうどんがミックスされていることを非常に喜んでおり、ぶっかけうどんはその日の唯一のうどんの競合相手だったので、PK はそれがどのように持ちこたえるかを知ることに興奮していました.

うどんは素晴らしかったが、天ぷら(揚げたカニの棒、マイタケ、フライドチキンで構成されていた)はうどんとあまりうまくいかなかった. それは野心的な食品の組み合わせでしたが、P.Kの意見では、残念ながら着陸に固執しませんでした.

次の候補は? とろろ冷やしそば(420円)?

冷やしそばは夏の定番で、「切れていなければ直すな」という言葉がぴったりです。 どんなに頑張っても、 PK は、この食事についてつまらないことを 1 つも見つけることができませんでした。 とろろはなめらか、オクラはとろとろ、海苔とわさびはサクランボ。

この料理の完成度は圧倒的で、PKはこれからも毎日喜んで食べます.

確かに従うのは難しい行為ですが、次は バンバンチキンのピリ辛ゴマドレッシング (470円)

細切りチキンとスパイシーなゴマドレッシングを混ぜたバンバンチキンは、もう 1 つの安全な夏の定番であり、セブンイレブンのバージョンはすべてのボックスにチェックマークを付けました.

それはまさにPKが想像していた味でした。 人生が変わるわけではありませんが、スパイシーなゴマドレッシングは見逃すにはあまりにも美味しかったです。 PK から 2 つの高評価を得ました

しかし、最後の 2 つの料理は古典的なものでしたが、PK はこれでもう少し変わったものに注意を向けることになりました。 鶏肉と野菜の明太子クリームのパスタサラダ(300円)。

サラダとスパゲッティ(サラダの下に隠れている)の量が少し少ないので、この料理にはあまり食べるものがないように見えましたが、これははるかに多かったです. PKが今日食べた中で一番美味しかった料理、少なからず たらこクリーム. とても美味しかったので、PK はフライドポテト、パン、ご飯に合うと考えています。リストは無限大です。 パスタは「シソの香り」があり、PKさんもとても美味しかったです。

確かに、サラダは他のものほど派手に見えなかったかもしれませんし、材料もそれほど多くなかったかもしれませんが、全体としてこれは 極上の冷麺。

次は 豚肉と野菜と胡麻ソースのパスタサラダ (330円)。

バンバンチキンヌードル同様​​、ごまドレッシングが特徴。 ボウルには健康的な量の豚肉がありましたが、PKが正直であれば、 全体的な味はかなり平均的でした。

確かに十分美味しかったですが、PKの期待をまったく上回りませんでした.

力強くフィニッシュすることを願って、ラインナップの最後のボウルは 鶏肉と野菜のパスタサラダ ノンオイル柚子ドレッシング (320円)。

一見したところ、これは間違いなくすべての中で最高のテイスティングになるように見えたので、PKは最後までそれを保存しました.

残念ながら、それはかなり例外的であることが判明しました。

大丈夫だったのに、食べているうちに、 PK は、これが彼がこの料理を購入した最初で唯一の機会であることを知っていました。 から揚げはすでに甘みがあり、タルタルソースは不要。 それは、実際にはうまく一致しない成分の巨大な混合のように感じました.

でも最後の料理以外は全部 セブン-イレブンの冷麺はとても印象的でした。 P.Kのトップピックは 冷やし中華、 とろろそば そしてその ピリ辛たらこパスタサラダ。

「でもPK、チルド・チャンピオンは誰?」 考えているかもしれません。 PK の次のミッションは、ローソンやファミリーマートなどの他のコンビニエンス ストアで提供されている冷麺を試すことになるため、読者の皆さん、勝者を宣言するにはまだ時期尚早です。 やっぱり季節ですね!

PK からの今後の冷麺の更新を待つ間、別の冷麺マニア、羽鳥剛からアドバイスを受けて、シャワーで冷麺を食べてみませんか?

画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

セブンイレブンの冷やし麺全8種を食べてみた【試食】
Source#セブンイレブンの冷やし麺全8種を食べてみた試食

Leave a Comment