スターバックスジャパンの桜フラペチーノとラテは、桜を新しい光の中で見させてくれます

とても日本の花見の花見体験。

バレンタインデーがもう1年間邪魔にならないようになった今、日本のカレンダーの次の大きなイベントに目を向ける時が来ました— さくら桜の季節

この機会を記念して、スターバックスは2つの新しいピンクの飲み物をリリースしました。 さくらいちご白玉フラペチーノ そしてその さくらブルーミングミルクラテ

日本語の記者であるK.マサミは、2月15日に発売されるとすぐにスターバックスに向かい、飲み物を試してみました。彼女が一緒に座ったとき、彼女はすぐに彼らの見た目に感銘を受けました。

フラペチーノは、まず、桜の花びらに似たイチゴのサクラチョコレートの削りくずの見事なマウンドで覆われていました。

そして、側面には、非常に珍しい追加がありました—2つの平らな部分 なま八ツ橋、もち米粉から作られた伝統的な日本のお菓子であり、 京都の郷土料理

飲み物に含まれている伝統的な日本のお菓子はそれだけではありませんでした。 白玉、日本の伝統的なデザートで一般的に使用される小さくて柔らかい米粉餃子。

▼歯ごたえのある白玉は、なめらかでコクのあるクリーミーな飲み物とは対照的です。

マサミは、フラペチーノで白玉の作品がうまく機能していることに感銘を受け、バブルティーのボバパールを思い出させる本当のハイライトを作成しました。

ピンクの要素がすべて桜を飲んでいるような気分にさせてくれましたが、桜の粉といちごジュースをベースにブレンドしたおかげで、一口一口が桜の繊細で独特な味わいで味覚を楽しませてくれました。

▼生八ツ橋も飲み物というよりクリーミーなデザートのようで、いい感じでした。

それは絶対においしいフラペチーノであり、そのホットな対応物である さくらブルーミングミルクラテ

絶妙なラテアートが最初にマサミの注目を集めました。それはとてもシンプルでありながらとても美しいので、チェーンがこれまでこれをやろうと思ったことはなかったのだろうかと思いました。

まるで芸術作品のようで、チョコレートソースといちごの桜チョコレートの削りくずが満開の桜をイメージしています。

飲み物を飲むと、桜の木が視界に入り、桜を間近で味わうことができました。 泡立つミルクと温かい桜のストロベリーソースのおかげで、美しく芳香のある繊細なフローラルフレーバーによって強化された、非常に珍しい花見の花見体験でした。

春の追加のご褒美として、スターバックスはレシートに特別なQRコードを含めて、顧客がARブルームとフレンドリーなベアリスタベアで身を包むことができるようにします。

▼このベアリスタは、私たちと同じように桜を見て幸せそうに見えます。

サクラストロベリーシラタマフラペチーノはトールサイズのみで、イートイン680円、テイクアウト668円、サクラブルーミングミルクラテはショートサイズからベンティサイズまで510〜630円で販売されています。

さくらドリンクは期間限定で、ラテは3月15日まで、フラペチーノは4月12日まで販売され、3月16日からトッピングの変更が約束されています。

待望の春の到来を告げるのに最適な方法です。スターバックスでさらに桜を楽しみたい場合は、東京で新しいドリンクウェアコレクションと特別な桜のメニューをチェックすることを忘れないでください。ロースタリー。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

スターバックスジャパンの桜フラペチーノとラテは、桜を新しい光の中で見させてくれます
Source#スターバックスジャパンの桜フラペチーノとラテは桜を新しい光の中で見させてくれます

Leave a Comment