スタジオジブリは、東京のハロウィーンでトリック・オア・トリートの子供たちにポケモンキャンディーや他のお菓子を配った【写真】

そして、宮崎駿自身がそれらを配った人だったようです..

日本は本当に受け入れた ハロウィン 近年の祝賀会では、都市の装飾や衣装を着たストリート パーティーが、組織的および非公式に行われています。 個人宅でのトリック・オア・トリートは日本ではまだ一般的ではありませんが、着ぐるみを着た子供たちにお菓子を配る店や企業も増えています.

通常、お菓子を配る場所は、商店街やショッピングセンター内など、すでに人通りの多い場所にあります。 しかし、東京西部の小金井の閑静な住宅街にも、お菓子を配る店があります。 普段はあまり来ないビジネスですが、国内のほぼすべての子供がスタジオジブリに精通しているビジネスです..

▼スタジオジブリでお菓子を買ってハロウィンのトリック・オア・トリート

日本では、10 月 31 日だけでなく、10 月下旬のほぼすべての時期がハロウィーン イベントの見本市です。 そのため、10 月 27 日、スタジオ ジブリの公式 Twitter アカウントが上の写真とメッセージを共有しました。

「今朝、ハロウィーンの仮装をした子供たちが私たちに会いに来ました。 彼らがグループを作り、交代で「トリック・オア・トリート!」と叫んでいるのを見るのはとても感動的でした。 一緒。”

もちろん、心温まる感情は後に Twitter のコメント投稿者に広がり、次のような反応がありました。

「お菓子の包み方が可愛いですね。」
「うわー、ジブリもハロウィン文化に突入!」
「朝一番に子供たちに会えると、一日中気分が明るくなるはずです。」
「そして、その子供のバッグには、ポッチャマポケモンのキャンディーがいくつかあります!」
「あの子たちが羨ましい! 彼らにとってはテーマパークに行くようなものだったに違いない」
「これはジブリと彼のアニメの本質のように感じます.」
「お菓子を配る年上の男の子の優しい顔が完全に想像できます。」
「あれは宮崎駿の手ですよね?」

写真の角度から男性の顔やひげは見えませんが、彼の服装は間違いなくスタジオジブリの共同創設者兼ディレクターである宮崎駿監督が好むタイプのように見えます (特にセーターは、宮崎の手のクローズアップ写真はこちら)。

ジブリがコミュニティに対して目立たないようにするというコミットメントと、平日の朝にハロウィーンのキャンディーを配っていたという事実を考えると、トリック・オア・トリートは地元の未就学児のために事前に計画されたものであった可能性があります. 近所に何かをお返しするのは (比喩的にも文字通りにも) とても素敵な方法です. 小金井に住んでいない私たち全員にとって、幸運なことに、最近ではおいしいジブリ料理を手に入れる別の方法があります.

出典:Twitter/@JP_GHIBLI(12)
表紙画像:スタジオジブリ(ソラニュース24編集)
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

スタジオジブリは、東京のハロウィーンでトリック・オア・トリートの子供たちにポケモンキャンディーや他のお菓子を配った【写真】

Source#スタジオジブリは東京のハロウィーンでトリックオアトリートの子供たちにポケモンキャンディーや他のお菓子を配った写真

Leave a Comment