スタジオジブリが紋章と屋外看板に隠された謎をジブリ美術館で公開

驚きの啓示がみんなの心を吹き飛ばした後、日本のファンはうずくまって去りました。

東京・三鷹市のジブリ美術館には、スタジオジブリ映画の有名なキャラクターがたくさんいますが、これらのなじみのある顔の中には、まだ何も学んでいないジブリ風のあまり知られていない人物がいます。

スタジオジブリがファンを狩りに導き、ジブリ博物館の紋章に隠された謎を見つけたとき、それらの個性の1つが最近明らかになりました。ツイッターの世論調査では、次のようになっています。

「「ジブリ美術館の紋章クイズに隠された謎(?)

1.「イ」 [“i”] イノシシの隣のキャラクター [“inoshishi” in Japanese] 実は「人」というキャラクターです [meaning “person”]

2.頭を上から突き出しているのは、実際にはトトロではありません。

3.3羽の鳥はペルー共和国のコンドルです。」

正解として上記の3つのオプションのいずれかを選択することにより、ファンをクイズに招待しました。

紋章がどのように見えるかについての復習が必要な人のために、スタジオは最近それのイメージを共有しました。それはおそらく議論を引き起こしたものです。 写真の紋章は、実際には美術館に寄贈されたクロスステッチの刺繡です。 ロエベ、の限定版ラインでスタジオとコラボレーションしたスペインの会社 トトロ元気 あちらへ 品。

調査が紋章に関する世論調査を投稿してから2日後、彼らは結果と謎への回答も投稿しました。

「11,725票をありがとうございます。 正解は2番です。

トトロやネコバスではなく、「山猫」です。

紋章に加えて、博物館への道順も担当しています。」

世論調査の結果によると、回答者の51.8%が2番が答えであると推測し、27.3%が3番を選択し、20.9%が1番を選択しました。

回答者の半数強がトトロではないと推測していましたが、実際にはヤマネコだと聞いて人々は驚き、次のようなコメントを残しました。

「キュー? トトロじゃないの?
「それが山猫だとは思いもしませんでした!」
「それで、トトロのように見えますが、トトロではありません!」
「待って…真剣に?」
「でも、子供の頃、トトロが付いていたので、家の外にこれらの看板があったのはとても嬉しかったです!」

「美術館近くの井の頭自然文化園には山猫がいます!」

近くの動物園の山猫がこのジブリ美術館のキャラクターの作成に影響を与えたかどうかは不明ですが、スタジオジブリのアニメーターが実際の詳細を追加しようとすると近所の周りの画像をスケッチすることが知られているため、可能性がありますアニメーションシーン。

▼確かに、このニヤリと笑うヤマネコには芸術的なライセンスが使用されています。

しかし、紋章の謎が解けて、もう一つの謎が始まります。山猫がトトロのキャラクターデザインに影響を与えた動物の1つだったのではないかと考えています。

白が千と千尋の神隠しで死んだ兄弟であるというこの理論のように、それは別の日を探求する別のファン理論のように見えます。

ソース: Twitter / @ JP_GHIBLI
ピクチャー: ©OonaMcGee / SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

スタジオジブリが紋章と屋外看板に隠された謎をジブリ美術館で公開
Source#スタジオジブリが紋章と屋外看板に隠された謎をジブリ美術館で公開

Leave a Comment