サントリーは来年、31種類のウイスキー製品の価格を最大28%引き上げる

ウイスキーは世界中で人気のある飲み物として台頭しており、これまで以上にグラスを楽しむ人が増えていることを意味する一方で、需要も高まっています。 残念ながら、日本では、需要が供給を完全に上回っているため、ウイスキーが完全に売り切れたり、なくなったりする可能性があります。 または、需要不足以外の効果で、ウイスキーメーカーは価格を引き上げます。

実際、日本の飲料メーカーであるサントリーは、来春から、国内および輸入ウイスキーの一部の国内価格を28%も引き上げると発表しました。 サントリーは近年、ウイスキーの需要拡大に対応するため、樽や貯蔵倉庫の増設に投資してきましたが、一部の製品の需要拡大に対応できていません。

そのため、同社は、蒸留と貯蔵能力を高めるための資本として収益を使用することを期待して、製造および輸入する8つのウイスキーブランドから31の異なる製品の国内価格を引き上げることを決定しました。 価格は5から28パーセントの間で上がるでしょう。 影響を受けるブランドは、サントリーの日比木、山崎、白須、知多、マッカラン、グレンフィディック、バルベニースコッチウイスキー、サントリーが日本への輸入を独占しているタラモアデューアイリッシュウイスキーです。

写真:サントリー

たまにウイスキーを飲む人にとって幸いなことに、サントリーの安価な製品の価格はそれほど上がりません。 サントリーは、値上がりする全商品の総合リストを公開しており、希望小売価格がすでに1万円を下回っている商品は、ほとんどが15%未満の値上がりだ。 たとえば、サントリーの700ミリリットルの山崎ボトルの希望小売価格は、4,200円から4,500円に7%の差で値上がりします。

最も高価なボトルは、最大の価格上昇を経験しています。 たとえば、25歳の山崎は元々125,000円で売られていたが、4月には28%増の16万円になる。 響30歳と21歳、山崎18歳、白須25歳と18歳、マッカランシェリーオーク30歳は、価格が28%上昇するだろう。

値上げに対するジャパニーズウイスキーファンの反応は次のとおりです。

「グレンフィディック12の価格が4,000から4,600(15%上昇)になると、少し痛いです…」

「サントリーの値上げは大きなショックでした! 値上げするのはサントリーだけではないようで、怖いのは…」

「サントリーはウイスキーの値上げを発表しましたが、ロイヤル、リザーブ、オールドが含まれていないので安心しました。」

「サントリーが響21の価格を25,000円から32,000円に値上げしていると聞きましたが、先日79,800円で購入しました…では、どこまで先ですか?」

「山崎12を17,380円で急いで購入したので、値上げの影響はあまり受けていません。 [when the suggested retail is currently 8,500 yen]ですが、値上がりする場合は、安定させていただきたいと思います。」

コメントからわかるように、日本のウイスキーの価格は、需要が高く供給が少ないため、すでに希望小売価格をはるかに上回っています。したがって、希望小売価格の上昇は、おそらく顧客にとってあまり意味がありません。現在、ウイスキーファン。 少し時間がかかりますが、増益によりサントリーの生産能力が向上し、最終的には日本のウイスキー価格が安定することが期待されます。

新しい価格は4月1日から有効になります。そのため、素敵なウイスキーのボトルを買いだめしたり、扱いたい場合は、それまでにそうすることをお勧めします。

出典: 読売新聞 経由 Yahoo! ニュース 経由 オタコムぐるめ時計ツイッター

SoraNews24の記事をもっと読む。

-サントリーでは、300万円のジャパニーズウイスキーを購入していただきたいと思います。

-東京のガチャゲームで超高額なジャパニーズウイスキーを手に入れるのは簡単ですか?

-ブロッサムハーモニーヒビキは、日本で最も新しいウイスキーです。

  • 外部リンク

  • https://soranews24.com/2021/12/02/suntory-to-increase-the-price-of-31-whisky-products-by-up-to-28-percent-next-year/

©SoraNews24

サントリーは来年、31種類のウイスキー製品の価格を最大28%引き上げる

Source#サントリーは来年31種類のウイスキー製品の価格を最大28引き上げる

Leave a Comment