ゴディバが日本で50周年を記念して初の羊羹をリリース

伝統的な和菓子は、非常に現代的なオーバーホールが施されています。

1972年に、尊敬されているベルギーのショコラティエであるゴディバが日本に初めて進出し、長年にわたって、国内で最も人気があり有名なチョコレートブランドの1つに成長しました。 今、 日本で50周年を祝う、ゴディバはここの顧客に敬意を表して、日本の伝統的な甘いものを含む前例のないリリースをしています— 羊羹

▼羊羹は、ゴディバの「サマーコレクション」の新商品のひとつで、5月25日から8月23日までしか販売されていません。

羊羹は伝統的な和菓子で、一般的に 滑らかで少し固いブロック、通常、食べる前にスライスにカットされます。 それは伝統的にで作られています 小豆餡寒天、 と シュガー、しかし、このゴディバのお祝いのために、羊羹は2つのフレーバーで登場します、 チョコレートココア 果物

ゴディバ羊羹の味を知りたくて、5個入りの箱を手に取り、チョコレートガナッシュのスラブのように見えるチョコレートを最初に開封しました。

2つに切ると、なじみのあるしっかりとしたゼリーのような食感の羊羹が知られていますが、噛むと非常に独特の味がします。 羊羹よりも軽く、チョコレートの濃厚な味わいで、余韻の長い甘みが残ります。

▼ここには強い小豆の味はありません。

それは信じられないほど高品質の甘いものであり、カカオフルーツバージョンへの期待を高めました。

これはチョコレートよりも風味が軽く、いつの間にかフォークから滑り落ちそうなほどのさらっとした滑らかな味わいでした。 食べるとすぐにカカオ豆のさわやかな甘酸っぱい味わいが飛び出し、味覚を驚かせましたが、味わいも上品な仕上がりになりました。

食感は伝統的な羊羹と間違いなく同じで、西洋の味を楽しむための馴染みのある出発点を作り出しています。 どちらも華やかで高級感のある高級スイーツで、贅沢な味わいでしたが、チョコレートやカカオの風味が強くなり、小豆の味が失われてしまうという欠点がありました。

しかし、小豆の強い味が羊羹を嫌うのであれば、この新しいリリースでゴディバが小豆をダイヤルしてチョコレートを上げた方法に満足するでしょう。

5箱で2,160円(23.17米ドル)、10箱で4,320円で販売されている、同じように贅沢な値札が付いた贅沢なスイーツなので、もう少し安いものでお祝いしたい場合は、ゴディバの新しい甘い酒チョコリキシルがお財布にもう少しフレンドリー。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

ゴディバが日本で50周年を記念して初の羊羹をリリース
Source#ゴディバが日本で50周年を記念して初の羊羹をリリース

Leave a Comment