コミュニティのオミクロン変異型感染症に警戒している日本

保健省は、コロナウイルスのオミクロン変異体によるコミュニティ感染の可能性に対する警戒レベルを引き上げ、国境管理を強化し、新しい変異体のスクリーニングテストを開始しました。

空港の検疫管理では、日本で発見されたオミクロン変異体による感染が2例検出されました。 しかし、専門家は、亜種がコミュニティで見つかる可能性を排除することはできないと言います。

ナミビアの外交官とペルーから到着した男性のオミクロン感染が確認されています。 東京近郊の成田空港の検問所で両方ともコロナウイルス陽性であった後、国立感染症研究所は遺伝子検査でオミクロン変異体を検出しました。

保健省の以前の規則では、感染者と同じ列に座っている航空会社の乗客、および直前と後ろの2列に並んでいる乗客は密接な接触と見なされていました。

ナミビアの外交官によるオミクロン変異体の感染が確認された11月30日以降、同省は方針を改訂し、陽性のオミクロン個体を運ぶ飛行機のすべての乗客を密接な接触者として指定しました。

後藤茂之保健相によると、同省は国民の不安を考慮して見直しを行ったが、感染力や既存のCOVID-19ワクチンの有効性など、オミクロンの亜種についてはまだあまり知られていない。

クローズドコントラクトは、約2日ごとにポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストを受ける必要があります。 彼らは指定された宿泊施設に隔離されなければならず、14日間は許可されないので、省は彼らの活動を注意深く監視することができると当局者は言った。

しかし、高官は、亜種の強い感染性の疑いを考慮して、国境管理だけで感染を防ぐことは難しいと警告した。

今年の夏に日本で第5波の感染の主な原因であるデルタ変異体は、空港での検疫チェックの参加者によって国内で最初に検出されました。 その後、デルタ変異体は地域社会に広がり、8月までに日本のコロナウイルス感染症のほとんどすべてがデルタ変異体に起因すると言われていました。

感染者の迅速な発見は、コミュニティでの感染の拡大を防ぐための鍵です。 保健省は、ゲノム分析の対象となる感染症の範囲を拡大し、地方自治体に対し、すべてのコロナウイルス陽性の人々をスクリーニングして、オミクロン変異体感染症を見つけるよう要請しました。

別の高官は、「地域社会で感染が見つかった場合でも、感染を封じ込め、感染の拡大を防ぐ」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。コミュニティのオミクロン変異型感染症に警戒している日本

Source#コミュニティのオミクロン変異型感染症に警戒している日本

Leave a Comment