コカ・コーラジャパンは、プラスチック廃棄物の削減に役立つ「自分のボトルに水を入れる」ウォーターディスペンサーをテストしています

ウォーターディスペンサーは、飲料大手の世界的な目標に沿ったものです。 25%再利用可能なパッケージ 2030年までに。

この日、 リサイクル可能で再利用可能なパッケージの必要性 ますます明らかになっています。 近年では、 コカ・コーラジャパン 飲料からプラスチックのラベルを剥がしたり、自動販売機の稼働に必要な電力量を減らしたりするなど、製品をより環境に優しいものにする試みを行っています。

彼らの最新のキャンペーンは、コカ・コーラカンパニーが発表した発表の裏にあります。 パッケージの25%は、2030年までに再利用可能になります。。 再利用可能なパッケージには、リターナブルガラスボトル、詰め替え可能なPETボトル、または従来の噴水やコカコーラディスペンサーによる製品の販売が含まれます。

この目標を達成するために、コカ・コーラジャパンは、 ボンアクアウォーターバー。 ボンアクアウォーターバーは セルフサービスウォーターディスペンサー 冷水、常温水、お湯、炭酸水(強水と弱水)の5種類の水をユーザーに提供します。

▼ウォーターバーは、飲み物のボトルなどの自分の容器を使用することを人々に奨励しています。

ユーザーは、マシンからの精製水を一度に60円(US $ 0.52)で任意のボトルに充填できます。 ドリンクボトルをお持ちでない方は、 紙コップ 70円(0.61ドル)で、ミディアム(240ミリリットル)の2つのサイズがあります [8.1 ounces] または大きい(430ミリリットル)。

専用の380ミリリットルのボンアクアドリンクボトルも260円(中の水を含む)で入手可能で、マシンから炭酸水を取得したい場合に使用できる唯一のボトルです。

コカ・コーラカンパニーは、ボンアクアウォーターバーが 消費者がプラスチック汚染を心配することなく、手頃な価格で精製水を飲む。 ウォーターバーは昨年12月にユニバーサルスタジオジャパンで試験運用され、現在大阪のタイガーコーポレーションでテストされています。

指がプロジェクトを横切ったことで、コカコーラはプラスチック汚染を減らすという目標に近づくことができます。 そうでない場合でも、彼らはいつでもタイタンの助けを借りて人々をリサイクルさせることができます。

出典:ザコカ・コーラカンパニー食品渋
注目の画像:Pakutaso(SoraNews24編集)

画像を挿入:ボンアクアウォーターバー
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

コカ・コーラジャパンは、プラスチック廃棄物の削減に役立つ「自分のボトルに水を入れる」ウォーターディスペンサーをテストしています
Source#コカコーラジャパンはプラスチック廃棄物の削減に役立つ自分のボトルに水を入れるウォーターディスペンサーをテストしています

Leave a Comment