クレイジーな安い日本の農家を家に変える — ステップ 13: 不思議な穴、不快な臭い

ソラハウスの床板の下に穴が開いているのはなぜですか?

“これは何ですか?!?”

穏やかな雰囲気は、SoraNews24 の創設者の叫びによって打ち砕かれました。 よしお. 彼と日本語で私たちの記者 はとり 彼らは山に戻った 埼玉県 の中に ソラハウス住みやすい家にするための進行中のプロジェクトの一環として、私たちのとてつもなく安いカントリーハウス。

建物の端にある部屋のがれきを片付けていたとき、義雄は気がついた。 床下が見える外壁の隙間で、家の下の穴のように見えるものがほとんどわからなかった.

ギャップの角度が原因で見づらかったのですが、Go は携帯電話をスライドさせてカメラのフラッシュを使用することで、より鮮明な画像を取得することができました。

はい、それは間違いなく穴、より正確にはシャフトです。直角であり、ある種のカバーの残骸が人工であることを示唆しています。 でも…どうして我が家の下に井戸があるの? そのようなものがそこにあるとは思ってもみませんでした。

▼穴の下の部屋の内部

好奇心をそそられた私たちは、考えられる唯一の方法を調査することにしました。バールをつかんで物を壊すことです。.

一連の激しい打撃の後、ゴウは地面の穴の真上に地面に穴を開けました。 正直なところ、床板が簡単に壊れてしまうことに少し驚きました。また、比較的薄い木材の平面以外に断熱材や材料がないように見えたことにも驚きました。

さて、井戸がよく見えるようになったので、Go は底に何らかの物体があることを確認できました。.

これらは古代文明の遺跡でしょうか? 貴重な歴史的重要性のある儀式のアーティファクト?

見分ける方法はただ一つ。.

ゴウはその隙間をすり抜け、深みへと足を踏み入れた。 彼が発見した物体は、 半球状の石ですが、ひっくり返すとずんぐりした立方体の突起がありました.

魅力的な! バルジの直角は、シャフト自体の直角と一致しました。 おそらくこれは、昔、この地域に住んでいた部族が、90 度の角度、90 日間の祭り、90 種類のスパイスから作られたおいしいシチューなど、90 を中心とした社会を基盤としていたことを示しているのかもしれません。

ただし、スタッフにオブジェクトを表示する場合は除きます。 最高のソラハウスの復元プロジェクトで私たちを助けてくれた建設会社/請負業者は、それが実際には 建物が明らかに分離している家屋の土台の一部.

ただし、誰かがここで空の軸を作成した理由はまだ説明されていません。 階下に戻ってもう一度見てみることにしますが、 問題がありました。井戸はひどいにおいがし、「野生動物の尿とうんち」と微妙に説明するアンモニアやその他のにおいがしました。

代わりにGoが尋ねた 今津、私たちが最も緊密に協力してきたホビエンのスタッフメンバー、彼の専門的意見のために。 匂いで、地面から掘り出されて、 最初は古い汚水だめだと思ったが、通常は斜めに設置されており、このように真下に設置されているわけではないという。.

答えが欲しいが、そこに戻りたくないので、ゴウとヨシオは家の前の所有者に連絡して井戸について尋ねることにしました。 謎を解くために必要な情報.

オーナー様は昔、シャフトを じゃがいもやその他の種類の野菜の貯蔵セラーということで、カバーの残骸を発見。 当時は土間だったのですが、約10年前にオーナーが別の住人に家を貸し始めたのですが、その人は地下室を使いたがらず、代わりにフローリングの床を設置しました。頑丈。

においについては証拠がありませんが、私たちの理論では、地元の森の動物の何人かが時々そこにたむろし、体の排泄物を置き去りにしているということです. 結局のところ、私たちは床板の下を走るのが好きな毛皮で覆われた小さな隣人がいることをすでに知っています.

残念なことに、ゴウとヨシオの調査により、真相が明らかになっただけでなく、床がひどく損傷しているため、修復するか、部屋を元の土間状態に戻すかをまだ検討中です。 私たちはまだシャフトをどうしたいかを考えていますが、最初に穴を完全に消毒せずに食べるものをそこに入れるつもりはありません.

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

クレイジーな安い日本の農家を家に変える — ステップ 13: 不思議な穴、不快な臭い

Source#クレイジーな安い日本の農家を家に変える #ステップ #不思議な穴不快な臭い

Leave a Comment