クレイジーな安い日本の農家を家に変える — ステップ 12: ワークウェア【SoraHouse】

日本の不動産をリノベーションするのに最適な服装は何ですか?

昨年、私たちは日本の田舎に安い家を持ち、それを 9,100 米ドルという手頃な価格で購入しました。 それ以来、私たちは豊美園建設株式会社の今津というフレンドリーな労働者の助けを借りて、切望されていた改修の準備を進めてきました。 彼はいつも仕事のためにとてもよく着飾っていた.

日本では、建設現場でさえ、仕事のための服装が重要です。 労働者は独自のファッションセンスを持っているようです. 足場の上で足場を組んでいる建築業者をよく見かけます。長いズボンは膝から大きく膨らみ、足の親指と残りのつま先を分けるスリットの入った足袋ブーツを履いています。

▼今津(下の写真)も、ビジネスで「ニッカーボッカー」として知られるコルゲートパンツを着用しています.

普段はジーンズでソラハウスに勤務している上司のよしおさんは、家をリノベーションするのにどんな服装がいいのか気になっていました。

▼「どうしてその分厚いズボンをはいているの?」

よしおは、今津がだぶだぶのズボンを履くことのすべての利点を列挙し始めることを期待していましたが、彼のまったくの驚きに、今津は次のように言いました。

「このパンツは欠点だらけです。」

造園業が本業の今津さんによると、ズボンが枝に絡まりやすく、仕事がしづらいことが多いという。

もちろん、今津氏は、パンツは建設業など他の産業の労働者に利益をもたらすと述べた。 余分な材料は猫のひげのように機能すると言われています邪魔になる可能性のある低レベルの障害物をユーザーに警告します。

しかし、今津の仕事では、ソラハウスで仕事をしている今津がよく着用する、よりスリムでタイトなタイプのパンツが仕事に最適なタイプです.

今津氏は、ブルマを始めたばかりの頃に購入し、何を着ようか迷っていたという。 しかし、今ではズボンを 1 組持っており、それを無駄にしたくないので、茂みに出てほとんどの時間をブルドーザーで過ごす日には、今でも時々着用しています。

今津はパンツの好みを次のように明言している。

「生地が薄めのタイトなパンツがベスト。枝にひっかからず、伸縮性があるので動きやすいです。」

ソラハウスで働くのにジーンズは悪くない選択だったのかもしれません。 しかし、靴はどうですか?

今津さんは、私たちのような古い建物で働くとき、足を保護する適切な作業靴を履いていると言います。 しかし、彼は嫌いではありません 伝統的な足袋ブーツ多くの労働者が使用し、次のように言っています。

「足袋は底が薄いので、接地感がありやすいです。 場合によっては、現場で何かがおかしいとすぐに感じないと危険な場合もあるため、足袋を選択する人が多いのです。」

足袋ブーツの足の親指と残りの指の間の分割が役立ちます さらなる柔軟性と安定性を提供はしごを登ったり、一日中足場で作業したりする労働者にとって特に便利です。

パンツと履物の良し悪しを話し合った後、義雄と今津は仕事に戻ることを決めたが、軍手を着用したとき、彼らには1つの共通点があることに気づいた.

▼2人とも同じブランドの手袋!

この手袋は、今津社長の小川さんが小屋の解体見積もりに来た際に、信頼できるブランドとして記者団に勧めてくれました。

昭和ブランドの手袋は、専門分野を問わず、すべてのホビエン職人が使用しており、あらゆる作業に対応しています。

したがって、ブルドーザーよりも机に座ることに慣れている私たちの都会人は、作業服に関しては初心者のように見えるかもしれませんが、少なくとも手袋に関しては彼らの一人です.

ソラハウスで働くために重いズボンと足袋に投資する必要がないことを嬉しく思いますが、安全上の理由から、少なくともスニーカーをいくつかのワークブーツに交換する必要があると考えています. 念のため、マサヌキが次に来るときは水着以外の服を着させてもいいかもしれません。

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

クレイジーな安い日本の農家を家に変える — ステップ 12: ワークウェア【SoraHouse】

Source#クレイジーな安い日本の農家を家に変える #ステップ #ワークウェアSoraHouse

Leave a Comment