オーストラリアで見つかった700年前の国宝刀がない【動画】

刀は2世紀前に武士から神社に贈られましたが、何十年もの間行方不明になっています

14世紀、日本で最も偉大な剣士の1人は 則重。 則重の鍛冶場は現在の富山県のネイの領地にあり、そこから日本の鎌倉時代の戦士に最高品質の刀を供給しました。

巧みに作られた武器として、紀重の最高の作品は何世紀にもわたって続きました。 やがて、その刃の一つは、薩摩藩を統治した島津氏の27代藩主である島津典樹の所持となりました。 (現在は鹿児島)約200年前。 しかし、鹿児島は戸山から全国の半分にありますが、このノリシゲ刀の旅は、今までのように、さらに遠くまで行くでしょう。 オーストラリアで見つかりました

剣の現在の所有者は、メルボルンの居住者であり、剣の収集家です。 イアン・ブルックス、上のビデオの剣で見た。 4年前、ブルックスはインターネットオークションを通じて提供されている非常に高品質の刀であることに気づき、約5,300オーストラリアドル(約3,810米ドル)の入札で勝ちました。 思ったほど高品質な刀を受け取った後、特別な意味があるのか​​調べ始めた。 その長さとハンドガードの彫刻から、彼はそれが署名されていない(すなわち、柄に鍛冶屋の署名が刻まれていない刀)であるかもしれないと疑った。 刀武明紀重、具体的には 日本の国宝に指定されていますが、何十年も行方不明になっています

▼偶然にも、この島津のりおきの肖像画の背景には、ブルックスが購入したものに似た刀があります。

刀の鞘に巻かれた紙の色あせた日本語のテキストを調べると、島神社の文字がわかりました。 それらはの名前の最後の3つと一致します 鹿児島神宮/鹿児島神社 (鹿児島神宮)、 鹿児島県霧島市にある神社で、島津卿が2世紀前に刀武明紀重を贈った。 そしてそれは今日でも存在しています。 ブルックスは鹿児島神社に連絡を取り、オークションで購入した刀は確かに行方不明の国宝であると両党は信じている。

刀が最初に日本を離れた正確な経路は不明ですが、第二次世界大戦後、連合国の占領軍によって押収されたと伝えられています。 ブルックスはニューヨークの売り手から刀を購入したが、日本で歴史的に重要な刀を保持するための努力が当時行われたと彼は信じていると言って、日本から文化的遺物を奪う悪意のある試みはなかったと思うが、通信が不十分なために、一部の部品がそのようなプロトコルをすり抜けた。

▼鹿児島神宮

刀武明紀重は未署名の作品であるため、文化庁は2本の刀が同一であるかどうかを最終的に評価したいと考えていますが、目録番号も鞘のラッピングは、神社の記録にあるものと一致しているように見えます。

啓示に照らして、ブルックスは言った 「生きている間は刀を持ち続けたいのですが、死ぬと鹿児島神社に戻ると言いたいのですが」 そして、彼は神社を訪問したいと思っていると付け加えた。 一方、鹿児島神社の僧侶である井上陽一は、「刀が戻ってくるとは思ってもみなかった。 長期間保管できることを願っています。」

出典:NHKニュースウェブ
上の画像:パクタソ
画像を挿入:ウィキペディア/ジェネアスト、ウィキペディア/サイゲン次郎
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

オーストラリアで見つかった700年前の国宝刀がない【動画】
Source#オーストラリアで見つかった700年前の国宝刀がない動画

Leave a Comment