エンターテインメントの専門家が、地元の人にはあまり知られていない大阪の観光スポットを勧めてくれました

それは私たちの記者に深い経験を与えさえしました!

私たちの日本語記者の一人、中澤誠二は元々 大阪、日本で3番目に大きな都市。 大阪は東京とは文化が違う活気に満ちた場所で、観光や美味しい郷土料理がたくさんあるので、たくさんの観光客のバケツリストの一番上にあります。

しかし、大阪人でありながら、 セイジには、彼が本当にお勧めする大阪の観光スポットは特にありません。。 通天閣の典型的な観光スポットである通天閣に買い物に行き、大阪環状線から大阪城を垣間見るだけで十分だと彼は言う(彼の意見では、中に入る必要さえない)。 地元の人として、彼は故郷に関しては観光客の心をあまり持っていません。

そのため、彼は故郷の街へのゲストや訪問者を楽しませる方法についてもっと知りたいと思っていました。 それで、彼の最近の帰国訪問中に、 清治はゲストエンターテインメントの専門家に大阪の絶好の観光スポットを推薦してもらいました。 この専門家は、大阪のインフレとバブル崩壊の両方を乗り越えたサラリーマンです。 彼は40年以上にわたって人々を大阪に迎え、彼らを楽しませてきました。 彼は…

セイジのお父さん!

清治が子供の頃、この典型的な昭和の役職の戦士は、清治が寝る前に帰宅することはめったにありませんでした。 彼はしばしば重要な企業のゲストを楽しませるのに忙しかった。 実は、清治は週末にしか見なかった父親を認めた記憶があります。 それで彼のお父さんは大阪でおもてなしの達人になりました。

そのため、清治は彼の家(清治の子供時代の家でもある)で彼の大阪で最も人気のある観光スポットについてインタビューしました。 清治の考えでは、顧客やビジネスパートナーを楽しませることは彼らを飲酒に連れ出すことを意味しましたが、専門家によると、それは常にそうであるとは限りません。 あなたが何をするかはあなたが楽しませようとしている人に依存しているようです。 しかし、ありました 国内だけでなく海外からも大人気のスポットで、大阪城公園では比較的知られていない場所です。

セイジは、すでに人気のある観光名所で何かを見逃すことができるのではないかと考えたので、大阪城公園に向かいました。

JR大阪城公園駅で電車を降りて、公園の標高の高い出口から出てきたとき、周りを見回して、専門家のおすすめスポットが見つかるかと思いましたが、どこにも見つかりませんでした。 駅前には、何年も前に清治がこの場所に来たときはなかった商店街があったので、お父さんの勧めを壊してしまったのではないでしょうか。

清治は階段を下りて、見つけやすくなるかどうかを確認することにしました。

うーん…。

そこにそれがある…

大阪城埠頭!

エンターテインメントの専門家によると、大阪の水上タクシーは 「水の首都」 面積の約10%が水で覆われているので、必見のアトラクションのリストに載っているはずです。 清治は、大阪が水の都という感じがあまりないので「水の都」と考えられていたことをほとんど忘れていましたが、お父さんが言ってしまえば意味がありました。

しかし、スターバックスの後ろに隠されていたので、誰も知らなかったのも不思議ではありませんでした。。 そこに戻ると、まるで路地裏に足を踏み入れたようなものでした。ちょうど今、何人かのギャングが現れてあなたに嫌がらせを始めたようです。

埠頭への入り口も、木々が密集する小道の端にありました。 勇気を出して店の後ろに行くと、これらの木々の暗い影の中を歩くために自分自身を鍛える必要があります。 その場所は間違いなく見えないところに隠れていました

当然のことながら、 そこの周りの群衆は、ショッピングエリアの周りよりも間違いなく薄かった。 参考までに、3:30 Aqualinerのチケットを購入した後、彼は他に3つのグループしか搭乗を待っていないことに気づきました。 ボートは45分ごとに出発し、午前11時に開始し、午後4時15分に停止するため、おそらく早い時間帯の方が人気があります。

▼チケットは大人1,600円(US $ 13.91)、子供800円。

それでも、東京の浅草の水上タクシーの路線はいつも狂っているので、このタクシーがとても空いているのを見てショックを受けました。 でも、清治が考えたときは、それほど珍しいことではなかったのかもしれません。 大阪の街は、東京の浅草やお台場ほどきれいではありませんでした。 このツアーは楽しいものでしょうか?

しかし、ボートが出発すると、 清治は、それが深遠であるほど面白くなかったことを知って驚いた。 まず第一に、時間はボート上で異なって動くように見えました。 川にいるからかどうかは分からないが、岸辺の時間の流れから切り離されたような気がした。 簡単に言えば、 時間は川をゆっくりと移動しました。 本当にすごい気持ちでした。

この奇妙なタイムワープの真っ只中に、通り過ぎた通りや公園は外国のもののように見えました。 というか、大阪のように見えましたが 大阪が別の世界に迷い込んだように。 ジブリ映画「耳をすませば」のエンディングのように(注意:ネタバレ)。

セイジが気づいたもう一つのことは 橋の上に立っていると、実際には橋を見ることができません。 その下でボートに乗ることで、清治は育ちながらも初めて大阪の街を見ることができました。

不思議なことに悟りを開いた心の状態のせいか、川で泳いでいるアヒルを見つけることさえエキサイティングでした。 清治は40歳の男性として自信を持ってこう言うことができた それは彼が今まで見た中で最もかわいいアヒルでした。 彼はそのアヒルをもう一度見るためだけにボートに乗って別の乗り物を予約したかった。

クルーズの長さは40分でしたが、セイジはまったく長くは感じなかったと言いました。 それどころか、 彼はそれをもう少し長く続けたかった。 大阪の日常の街並みを一新できるので、清治はついにこの船乗りの魅力を理解しました。 そのため、実際には観光客よりも大阪の地元の人の方が楽しいかもしれません。

しかし、大阪を訪れるなら、ユニバーサルスタジオジャパンの新しいスーパーファミコンワールドを訪れ、たこ焼きを食べて、シュールな天王寺動物園に立ち寄る間に、この啓発的なボートライドのチケットを購入してみませんか? それはあなたの旅行の素晴らしい思い出になるはずです!

桟橋情報

川の駅大阪城埠頭/川の駅大阪城港
住所:大阪府大阪市中央区大阪城2
大阪府大阪市中央区大阪城2
営業時間:午前11時から午後4時15分
毎日営業
Webサイト

画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

エンターテインメントの専門家が、地元の人にはあまり知られていない大阪の観光スポットを勧めてくれました
Source#エンターテインメントの専門家が地元の人にはあまり知られていない大阪の観光スポットを勧めてくれました

Leave a Comment