エジプト料理レストランSumoSushiは、日本の記者においしいが風変わりなランチを提供しています

面白い装飾、魅力的な料理の名前、そして愛情のこもったスタッフがこれをイクナがいつも覚えている食事にしました!

私たちの日本人記者亀沢郁奈は、今、世界を旅する彼女の最高の人生を送るのに忙しい。 スペインのラーメンレストランを見学し、パリのプラモデルのホビーショップを探索した後、あなたは今、北アフリカの国が何であるかを見ていることに気づきます。 エジプト 提供する必要があります。

何週間も旅行した後、イクナは日本を少し逃したと思いますよね? 普段は「いや」と言うのは、今年最後の相撲大会が開催される11月で、相撲ファンの郁奈が見に来ていないので、もう少し見逃したくなる。 あなたの出身国。 幸いなことに、このような時代には、日本食を食べるのが最善の治療法であり、と呼ばれる場所で食べるよりも相撲の損失を軽減する方が良いでしょう 相撲寿司

郁奈はカイロの南約500キロ(約311マイル)の都市で相撲寿司を見つけました。 フルガダ。 ビーチリゾートタウンとして、ヨーロッパの観光客に人気の休暇スポットですが、日本人の旅行者にはそれほど人気が​​ありません。 どんなお寿司が食べられるのかと思い、持ち主が相撲の大ファンであるという漠然とした希望を抱き、そこで昼食をとることにしました。

インテリアはとてもコンパクトでしたが きちんときれいに装飾された

しかし、郁奈は見つけた 疑わしい漢字の使用..。

▼「柔術の夢」?

壁のランダムな場所に日本語の単語や文字が印刷されていました。 意味のない言葉ではありませんでしたが、同時に郁奈は不思議に思っていました なぜそれらがそれらの特定の場所にそしてその特定の順序で配置されたのか。

▼「天、地、共通の違い、愛、神、平和、寿司、相撲、海」

まるで秘密のコードのようだった…郁奈は、理解できないような深い意味があるのか​​と考え始めた。

▼「桜、愛、キツネ」

▼「正義、侍、でも」

しかし、しかし 装飾的な要素は素敵な和風でした 彼らにとって、その雰囲気は、郁奈がかつて行ったことのない日本の寿司屋とは違っていた。

いずれにせよ、 彼らは装飾に多くの努力とおそらくお金をかけました

郁奈はその食べ物を味わいたがっていた。 メニューは持っていた 寿司以外にもいろいろなオプションがあります刺身、チャーハン、焼きそば、揚げ物、生姜豚、焼き魚、カツ丼など。

当然、郁奈は注文しなければならなかった みそ汁、日本食の必需品。

▼味噌の値段は45エジプトポンドで326円(2.84米ドル)に相当します。

彼女も注文しました 5種類の握り寿司 (86 EGP [623 yen])。

「天ぷらもりわせ」のちょっとしたつづり-「もりわせてんぷら」と呼ばれる野菜と魚の天ぷらのセレクション今回はイクナを笑わせたので、それも79EGP(573円)で注文しなければなりませんでした。

メニューの名前はイクナを楽しませた。、そして彼は彼のお気に入りを求めざるを得なかった。 彼女は注文した 忍者」 (4個で80 EGP)、 カニ、クリームチーズ、サーモンの巻き寿司

最後に、彼は注文を助けることができませんでした 「相撲」 (87 EGP)。 郁奈はそれが何なのかよくわからなかったが、相撲シーズンの精神で試してみなければならなかった!

あなたが注文すると、スタッフはすぐにそれを降ろしました キッコーマン醤油1本。 おお !! 郁奈はこれにとても興奮していました。 エジプトでキッコーマンを見たことがありません。

しかし、彼はこの日本ブランドの醤油を賞賛するのに長い時間がかかったことがわかりました。 彼女の食べ物が到着し始めたのはさらに40分後のことでした

最初に味噌汁が来ました、到着するのにとても時間がかかったので、イクナは最初に豆を発酵させる必要があるのだろうかと思いました。 それでも、このスープは意外と美味しかったです。

豆腐、ねぎ、わかめ、ごまなど、味噌汁の付け合わせがすべて揃っていました。 また、イクナが本当に楽しんだ魚ベースのおいしいスープもありました。 満足のいく休憩でした…

…それは約30分続きました。 最後に、郁奈はサーバーに電話して、なんらかの遅れはないかと尋ねましたが、 彼の意図は、一度に1皿ずつ持ってきて、それぞれを楽しむための十分な時間を与えることでした。。 彼女はそのような手続きに座っていないこと、そしてすべてを一度に持ち出したいことを彼に保証した後、ウェイターは彼女にウィンクして「オーケー!」と言いました。 そして逃げた。

すぐに彼は 「天ぷら森和瀬」。 右側には貝の山、左側には野菜がありましたが、それらはすべて唐辛子のスライスでした。 プレート 天つゆの代わりに甘いチリソースが付いてきました、天ぷらが付いてくる代表的なスープ。

典型的な天ぷらではなく、カリカリに揚げた野菜や魚のようなものだったので、ソースは揚げ物のオプションと完璧に合いました。

このスタイルは感じましたが 日本人より少しベトナム人、郁奈はこれらの揚げ物の品質が本当に高いことを認めなければなりませんでした。 生地は薄すぎず厚すぎず、素晴らしく、熱く、サクサクしていました。 本当に美味しかったです!

後で 寿司 到着します。 郁名はエビ、白身魚、鮭、うなぎ、エビフライを注文していた。

彼女も提供されたことをとても嬉しく思いました わさびと生姜の酢漬け

彼らはまたそれを提供しました ある種のミステリーソースとマヨネーズ、でも郁奈は素朴な日本人女性なので、お寿司は醤油だけで着替えました。

寿司の品質はかなりまともでした。 彼がヨーロッパで食べた寿司とほぼ同じくらい美味しい。 もちろん、日本の寿司とは比べ物になりませんが、エジプトでは日本の食材を見つけるのがはるかに難しいので、 彼女は相撲寿司の寿司はかなり美味しいと思った

お寿司のような独特の酢味はありませんでしたが、お米はよくできていたと言えます。 うなぎ味が伝わってくるのも良かったです。

次に到着したのは 忍者

そうだった 揚げマキロール。 炒め物をたくさん食べていたので少し後悔しましたが、見た目が良かったです。

この巻物は ソフトチーズ、溶かし、海苔で包み、ご飯で包み、ねり粉で包んで揚げる。 「安っぽい」がこのロールの支配的な味でした。 この料理のチーズは寿司を装ったのですか、それとも揚げ物は寿司を装ったのですか? そして、「忍者」という名前は、彼の変装の使用に由来していますか? 郁奈は知らなかったが、あまり文句を言うつもりはなかった。

ついに、イクナが注文した最後の料理が到着しました: 不思議な「相撲」。

焼きうどんみたいなものでした麺を炒めます

「相撲」という名前の由来はすぐにわかりました。 入った丸い鋳鉄製のボウルは、明らかに土俵を代表するものでした。 3匹のエビは相撲取りと審判を表しており、おそらく唐辛子のスライスはふんどしのタッセルを象徴することを目的としていました。 もちろん、ゴマはリングの周りに散らばった塩の粒でした。

正直なところ、イクナは「スモ」と呼ぶのにこれ以上の料理は考えられませんでした。。 そして、一口食べたとき…彼はそれがおいしいことに気づきました! 日本人の味は全くしませんでしたが、タイの露店で食べた食べ物をイクナに思い出させました。 丼の底には鶏肉と牛肉の塊が待ち構えており、「輪にランクと名誉が埋もれている」という相撲の言葉に新たな意味を与えています。

一人で行ったものの、なんとかエジプトポンド420ポンド(約3,000円(27米ドル))とアルコールなしの請求書はレストランでは提供されなかった。 法案に基づいて、郁名はエジプトでは寿司は贅沢な食事であるに違いないと推測しましたが、彼が注文した食べ物の量を考えると、それがそれほど高い法案を持っていたのはそれほど驚くことではありません。

しかし、郁奈はコストを気にしませんでした。 彼女が食事をしている間、ウェイターは彼女が日本人であることを知って、彼女が食べ物についてどう思うかを彼女に頻繁に尋ねに来ました。 郁奈が裕福な地元の人だと思っていたものでレストランがゆっくりといっぱいになり始めたので、午後は夕暮れに変わりました。 スタッフが熱心に世話をし、他の幸せな食事に囲まれた珍しい料理を食べたとき、イクナはエジプトにこれよりも愛されている寿司屋があるのだろうかと考えなければならず、彼女は深く感動せずにはいられませんでした。

「相撲寿司、いつか戻ってきます!」

画像©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

[ Read in Japanese ]

エジプト料理レストランSumoSushiは、日本の記者においしいが風変わりなランチを提供しています

Source#エジプト料理レストランSumoSushiは日本の記者においしいが風変わりなランチを提供しています

Leave a Comment