ウクライナ沖でミサイルに攻撃された日本企業との関連が考えられる貨物船

愛媛県に本拠を置く登録所有者の貨物船が、金曜日にウクライナ沖の黒海でミサイルに襲われ、船内で火災が発生しました。

貨物船ナムラ女王のストでの死傷者に関する情報はなかった。

「12時55分に停泊地点No.358で港長の交通管制とサービスの情報によると、ロケットがmv「NAMURAQUEEN」の船尾に衝突しました」とオデッサに拠点を置くウクライナの海運代理店StarkShippingは言いました。

「パナマの旗を掲げている船は、穀物を積むためにピヴデニー港(例:ユズニー)に向かっていました…船に火事があり、P&Oスターのタグボートが救助に移動しました。 状況は制御されている」と付け加えた。

Refinitiv Eikonの船の追跡によると、PO Starのタグボートは、金曜日の早い段階でNamuraQueenと並んで見られました。

船主のFayetteShippingは、電子メールによるコメントの要求に応答しませんでした。

侵攻開始以来、合計3隻の非軍事艦艇が攻撃を受けました。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。ウクライナ沖でミサイルに攻撃された日本企業との関連が考えられる貨物船
Source#ウクライナ沖でミサイルに攻撃された日本企業との関連が考えられる貨物船

Leave a Comment