ウクライナをめぐる緊張の中で岸田とプーチンが電話会談を行う

ロシアのウクライナ侵攻が懸念される中、岸田文雄首相とウラジーミル・プーチン大統領の間で電話会談が行われる可能性があり、木曜日遅くに電話がかけられる可能性がある、と関係者は語った。

「緊張した状況が続き、何かが起こる可能性があります。 日本は外交手段を通じて緊張を和らげる努力をしなければならない」と述べた。

「現状を変えるための力の行使を容認すれば、それがアジアにも影響を与える可能性を十分に考慮しなければならない」と岸田は付け加えた。

今週初め、岸田大統領はウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話会談を行い、ウクライナ近郊でのロシアの軍事力増強の中で、ウクライナの主権と領土保全に対する日本の支持を強調し、両首脳は緊張を和らげるために粘り強い外交努力を行うと述べた。

岸田文雄が予想するプーチンとの電話会議は、米国とフランスやドイツなどの主要なヨーロッパ諸国が状況のさらなる悪化を回避するために外交を強化していることから来ています。

計画に近い筋によると、7つの先進工業国のグループの指導者たちは、ウクライナの危機をめぐって、早期に、おそらく2月24日頃に仮想会議を開くことを検討している。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。ウクライナをめぐる緊張の中で岸田とプーチンが電話会談を行う
Source#ウクライナをめぐる緊張の中で岸田とプーチンが電話会談を行う

Leave a Comment