ウイスキー崇拝:京都の職人が日本のウイスキー樽から数珠を作ります

オークは、半世紀にわたってジャパニーズウイスキーの製造を手伝った後、ジュズとして生まれ変わりました。

20世紀のほとんどを通して、 ジャパニーズウイスキー 国外、さらには国内市場でもほとんど完全に無視され、国産のビール、日本酒、焼酎を手に入れる可能性がはるかに高い一般市民から後付けのように扱われることがよくありました。 しかし、日本の蒸留酒製造業者の作品は現在、世界で最も高く評価され、望ましいものの1つであるため、これはもはや事実ではありません。

それで、ジャパニーズウイスキーが前例のない畏敬の念の高さに達したので、 京都の職人がウイスキーの数珠を作っています

かんべじゅず 100年以上前に京都で設立され、その名の通り、ワークショップは ジュズ、 また 仏教の数珠。 数珠は伝統的に木から彫られていますが、 神戸十津の最新作のホワイトオークは、過去50年間ジャパニーズウイスキーの熟成に使用された樽から木材を取り出しているため、実際には2番目の役割を果たしています。

その半世紀のウイスキーの浸漬の間に、木は独特の光沢と滑らかさを帯びてきました。 木の自然な視覚的粒子と組み合わせて、ウイスキー数珠は強くてエレガントな外観をしています。 その成熟した控えめな美学に加えて、ウイスキー樽の木からの抽出物を使用して染色されたタッセルバージョンのコードのユニークな色があります。

神戸十津もタッセルなしの4つのバージョンを作っています。2つは木製のビーズのみで、2つはタッセルロザリオのように琥珀色のアクセントが含まれています。 下の画像の左側のモデルは「ユニセックス」、右側のモデルは「メンズ」と記載されていますが、これはサイズに厳密に関連しているように見えます(つまり、「メンズ」のサイズが大きい)。設計。

価格は、小型のオールウッドバージョンが3,300円(28.70米ドル)から、タッセルロザリオが8,690円まで。

神戸十鈴がウイスキー数珠のコンセプトを思いついた経緯については、 ウイスキーを作る長年のプロセスが多くの人々の考えと努力の集大成である方法に触発されました。 神戸十津はその想いをロザリオに取り入れたかったのですが、ウイスキーの数珠が会話のきっかけにもなり、木が人と人をつなぎ続けてくれることを願っています。

関連:豚麺処
出典、画像:PR Times
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

ウイスキー崇拝:京都の職人が日本のウイスキー樽から数珠を作ります
Source#ウイスキー崇拝京都の職人が日本のウイスキー樽から数珠を作ります

Leave a Comment