アズキバーのメーカーは2021年に記録的な利益を報告します

より良い冷凍スナックには起こり得なかったでしょう。

5月12日 井村屋グループは、前年度決算を発表し、過去最高の14億円(1,080万米ドル)の収益を発表しました。。 同社の75年の歴史の中で最高だっただけでなく、前年の2倍以上の印象的でした。

会社名は一目でわかりませんが、あずきを中心とした和菓子のメーカーです。 中核製品の小豆バーは、日本で最も人気のある冷凍スナックの1つです。

日本では、アズキバーは、主に信じられないほど難しいという評判で伝説的です。 人々はしばしば歯を壊す可能性について冗談を言います、そして会社自体は注意して食べるように警告を出します。 それの実際の硬さは都市伝説によって曇っています、そして私は個人的にそれらがそれほど難しいとは思っていませんでした。 一方で、なんとか釘を木片に打ち込むことができたので、食事をするときは注意が必要でしょう。

それに加えて、アズキバーには本当にたくさんのことがあります。 うまい棒やガリガリ君など、昔ながらの日本のおやつと同じように、通常100円(0.77米ドル)程度の値段に抑えられています。

第二に、それらはすべて天然であり、人工の風味、色、または防腐剤は添加されていません。 実際には、 砂糖、小豆、コーンスターチ、塩、水飴など、すべての材料を数えることができます。。 水飴は、米やじゃがいもなどの高濃度の食品のでんぷんを変換して作った糖質の物質です。

▼あずきバーでヘルシーな赤飯も作りました

あなたも気づいたかもしれません これらのバーに乳製品がまったくない 同様に、それらを乳糖または牛の搾取に不寛容な人々にとって理想的なスナックにします。 ほのかなチョコレート味に似た味わいとともに、過去最高の3億台を売り上げたのは、おそらくこれらのメリットだろう。

特にアメリカでのアズキバーの輸出販売は利益を上げており、昨年マレーシアに初のアフィリエイトメーカーを設立したとイムラヤ氏は語った。 一方、日本国内では、オンラインコメントは会社の幸運に驚きと満足の両方をもたらしました。

「誰もがそれらの鈍器を愛しています!」
「それはすごい。 彼らのアイスまんじゅうも本当に美味しいです。」
“それは理にかなっている。 彼らはとても良いです。」
「他の国の人も小豆を食べているとは知りませんでした。」
「ガリガリ君を超えるのかしら」
「アズキバーはモース硬度で9〜10と言われており、コランダムよりも硬くなります。」
「彼らは良いですが、私がそれを食べた後、歯はいつも行方不明になります。」
「アメリカに住む日本人のYouTuberを見ていて、あずきバーが売られているのを見てびっくりしました。」

アズキバーが世界中で期限を迎え、冷凍スナック市場でそれにふさわしいスポットを獲得しているのを見るのは確かに素晴らしいことです。 運が良ければ、今村屋は今年も無料でプレゼントすることで祝うかもしれませんし、今回は他の国でもそうかもしれません。 もしそうなら、あなた自身のペースを取り、あなたの歯を保護することを忘れないでください。

出典:東京新聞、朝日新聞、八馬木子
写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

アズキバーのメーカーは2021年に記録的な利益を報告します
Source#アズキバーのメーカーは2021年に記録的な利益を報告します

Leave a Comment